部会活動

関西部会

2022年の活動


第202回日本経営診断学会関西部会(ご案内)

下記の通り、第202回 日本経営診断学会関西部会を開催しますので、奮ってご参加ください。

関西部会部会長代行 長谷川 路子

開催日時:2022年7月2日(土)13時〜

開催方法:オンライン会議システム Webex

プログラム:

  1. 「ラグジュアリーホテルの提供価値に関する研究」
     研究報告者:池田 寛太(池田ビジネスソリューションズ)
     討論参加者:鈴木 英之(合同会社ファイン・アナリシス)
  2. 「サブスクリプション型コンテンツ配信サービスにおける消費者行動モデルの検討」
     研究報告者:神田 將志(岡山大学大学院)
     討論参加者:太田 一樹(大阪商業大学)
  3. 「井尻雄士教授の三式簿記と近江商人の三方よし簿記の研究」
     研究報告者:木村 勝則(安田女子大学)
     討論参加者:関野 賢(近畿大学)
  4. 「中小企業の事業承継−準備段階の外部との関係性に関する考察−」
     研究報告者:服部 繁一(桃山学院大学)・太田 一樹(大阪商業大学)
     討論参加者:淺津 光孝(淺津中小企業診断士・社労士事務所)
  5. 「酒米生産地における持続的農業と村米制度」
     研究報告者:松原 茂仁(星城大学)
     討論参加者:辻 一幸(公益社団法人京都府原爆被災者の会)

※ 研究発表終了後、理事会を開催しますので、理事・幹事の方は、ご出席をお願い致します。

第201回日本経営診断学会関西部会(ご案内)

 前略
 お世話になっています。下記のとおり、標記の研究会のご案内をいたします。よろしくお願いいたします。平素の御礼とご案内まで。草々

日本経営診断学会 関西部会

部会長代行
長谷川 路子(追手門学院大学)
〒567-8502 茨木市西安威2-1-15

E-mail:m-hasegawa@otemon.ac.jp

1、日時:
令和4年3月12日(土) 13時から
2、方法:
オンライン(URLは3月初旬にメールでお知らせします。メールアドレスを届け出ておられない方は、下記にご連絡ください。)

3、研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「NPSの実践とサービス品質・業績指標-マンション管理業における新たな指標-」
研究報告者
吉本 修三(名古屋市立大学大学院)
討論参加者
太田 一樹(大阪商業大学)
(2)
「企業再生の財務内容改善における先行研究」
研究報告者
津田 敏夫(関西学院大学大学院)
討論参加者
藤井 一郎(四国大学)
(3)
「イノベーションを育む企業文化における個の力を引き出すマネジメント」
研究報告者
淺津 光孝(淺津中小企業診断士・社労士事務所)
討論参加者
辻 一幸(公益社団法人京都府 原爆被災者の会)
(4)
「地域診断とその実践的行動意識への課題」
研究報告者
長谷川 路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
討論参加者
西村 隆治(株式会社蔵ホールディングス)

☆本年の関西部会(予定):7/2(土)・9/10(土)

→ 2021年の活動報告
→ 2020年の活動報告
→ 2019年の活動報告
→ 2018年の活動報告
→ 2017年の活動報告
→ 2016年の活動報告
→ 2015年の活動報告
→ 2014年の活動報告
→ 2013年の活動報告
→ 2012年の活動報告
→ 2011年の活動報告
→ 2010年の活動報告
→ 2009年の活動報告
→ 2008年の活動報告
→ 2007年以前の活動報告
Copyright© 2011 日本経営診断学会 All Rights Reserved.