部会活動

関東・東北部会

2022年度の活動


日本経営診断学会2022年度第5回(第268回)関東・東北部会のお知らせ

日本経営診断学会関東・東北部会の皆様におかれましては、ご清栄のことと存じます。梅雨もあっという間に終わりを告げ、酷暑の日が続きますが、日本経営診断学会関東・東北部会会員の皆様には日ごろから本学会ならびに関東・東北部会の研究活動および運営にご協力いただき、誠にありがとうございます。
 さてこの度、2022年度第5回(268回)関東・東北部会を開催いたしたくご連絡を差し上げます。Covid-19も落ち着きを見せ、第5回は高千穂大学のご協力により、通常開催とzoom遠隔会議方式の併用にて実施することになりました。つきましては、以下のような要領・報告内容で開催することとなりましたので、ご案内いたします。会員の皆様には奮ってご参加いただきたくお願い申し上げます。

日時:
2022年7月16日(土)14:00〜16:20
主催機関:
高千穂大学

開催場所および代替措置:
〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19-1
およびZoom遠隔会議方式

報告テーマおよび報告者:

第1報告 14:00〜14:40(含 質疑10分)

<テーマ>
「資源統合の濃度が消費行動に与える影響」
<報告者>
齋藤 典晃 氏(高千穂大学)

第2報告 14:50〜15:30(含 質疑10分)

<テーマ>
「シェアリングとビジネスロジック」
<報告者>
庄司 真人 氏(高千穂大学)・小川 智由 氏(明治大学)

第3報告 15:40〜16:20(含 質疑10分)

<テーマ>
「美的側面に基づいた地域活性化:アート、クラフト、デザインからのアプローチ」
<報告者>
上原 義子 氏(高千穂大学)・庄司 真人 氏(高千穂大学)・高橋 昭夫 氏(明治大学)

担当理事:庄司 真人(高千穂大学)
E-mail: mshoji[at]takachiho.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

当日参加される方は、大学の入構管理(制限)の都合上、直接担当理事にEメールにてお申込みいただくか、本メールにご返信ください。追って、開催場所(教室)を連絡いたします。
本年度の関東・東北部会は、この後、第6回は福田理事(明治大学)を残すのみです。全国大会で報告を希望される会員の方は、お早めに関東・東北部会長もしくは第6回担当理事にお申し込みください。

<連絡先>
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


日本経営診断学会2022年度第4回(第267回)関東・東北部会のお知らせ

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
首藤禎史

 日本経営診断学会関東・東北部会の皆様におかれましては、ご清栄のことと存じます。日本経営診断学会関東・東北部会会員の皆様には日ごろから本学会ならびに関東・東北部会の研究活動および運営にご協力いただき、誠にありがとうございます。
 さてこの度、2022年度第4回(267回)関東・東北部会を開催いたしたくご連絡を差し上げます。2022年度第4回(267回)は、去る3月21日をもって蔓延防止重点措置の全面解除を受け、中小企業会館を使用して通常開催とzoom遠隔会議方式の併用にて実施することといたしました。つきましては、以下のような要領・報告内容で開催することとなりましたので、ご案内いたします。会員の皆様には奮ってご参加いただきたくお願い申し上げます。

日時:
2022年5月21日(土)13:30〜15:50
主催機関:
千葉商科大学

開催場所および代替措置:
〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19?1
およびZoom遠隔会議方式

報告テーマおよび報告者:

第1報告 14:00〜14:40(含 質疑10分)

<テーマ>
「資源統合の濃度が消費行動に与える影響」
<報告者>
齋藤 典晃 氏(高千穂大学)

第2報告 14:50〜15:30(含 質疑10分)

<テーマ>
「シェアリングとビジネスロジック」
<報告者>
庄司 真人 氏(高千穂大学)・小川 智由 氏(明治大学)

第3報告 15:40〜16:20(含 質疑10分)

<テーマ>
「美的側面に基づいた地域活性化:アート、クラフト、デザインからのアプローチ」
<報告者>
上原 義子 氏(高千穂大学)・庄司 真人 氏(高千穂大学)・高橋 昭夫 氏(明治大学)

担当理事:庄司 真人(高千穂大学)
E-mail: mshoji[at]takachiho.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

当日参加される方は、大学の入構管理(制限)の都合上、直接担当理事にEメールにてお申込みいただくか、本メールにご返信ください。追って、開催場所(教室)を連絡いたします。
本年度の関東・東北部会は、この後、第6回は福田理事(明治大学)を残すのみです。全国大会で報告を希望される会員の方は、お早めに関東・東北部会長もしくは第6回担当理事にお申し込みください。
連絡先:
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史

日本経営診断学会2022年度第3回(第266回)関東・東北部会のお知らせ

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
首藤禎史

 日本経営診断学会関東・東北部会の皆様におかれましては、ご清栄のことと存じます。日本経営診断学会関東・東北部会会員の皆様には日ごろから本学会ならびに関東・東北部会の研究活動および運営にご協力いただき、誠にありがとうございます。
 さて、この度は2022年度第3回(266回)関東・東北部会を開催・執行いたしたくご連絡を差し上げます。2022年に入り、COVID-19オミクロン株の急速な感染拡大とその猛威により、この度も遠隔会議での開催を余儀なくされることとなりました。つきましては、以下のような要領で第3回関東・東北部会を開催することとなりましので、ご案内いたします。会員の皆様には奮ってご参加いただきたくお願い申し上げます。

日時:
2022年3月12日(土)13:00〜14:30
主催機関・開催方法:
立教大学・Zoom遠隔会議方式

報告テーマおよび報告者:

第1報告 13:00〜13:40(含 質疑10分)

<テーマ>
「WOMマーケティングのフレームワークに関する研究」
<報告者>
藤崎 実 氏 (東京工科大学)

第2報告 13:50〜14:30(含 質疑10分)

<テーマ>
「日本企業の顧客満足認識と経営診断」
<報告者>
有馬 賢治 氏(立教大学)

担当理事:高岡 美佳 (立教大学)
E-mail: takaoka[at]rikkyo.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

連絡先:
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1 
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史

日本経営診断学会2022年度第2回(第265回)関東・東北部会のお知らせ

 日本経営診断学会関東・東北部会の皆様におかれましては、ご清栄のことと存じます。日本経営診断学会関東・東北部会会員の皆様には日ごろから本学会ならびに関東・東北部会の研究活動および運営にご協力いただき、誠にありがとうございます。
 さて、この度は2022年度第2回(265回)関東・東北部会を開催・執行いたしたくご連絡を差し上げます。年内(「報告者募集」を差し上げた12月中旬ごろまで)は、この感染症も収束の兆しがあることから、本第2回関東・東北部会は中小企業会館での通常開催を予定しておりましたが、2022年に入ってからの急速なCOVID-19オミクロン株の感染拡大により、この度も遠隔会議での開催を余儀なくされることとなりました。つきましては、以下のような要領で第2回関東・東北部会を開催することとなりましので、ご案内いたします。会員の皆様には奮ってご参加いただきたくお願い申し上げます。

開催予定日時:
2022年1月29日(土)13:00〜15:20
主催機関・開催方法:
中小企業診断協会・zoom遠隔会議方式

報告テーマおよび報告者:

第1報告 13:00〜13:40(含 質疑10分)

<テーマ>
「投資ラウンド明細を用いた投資家ネットワークの分析」
<報告者>
中島 琢郎 氏 (清泉女学院短期大学)

第2報告 13:50〜14:30(含 質疑10分)

<テーマ>
「日本音楽産業を支える大衆音楽の成立とアピールに関する考察」
<報告者>
越川 靖子 氏(千葉商科大学)

第3報告 14:40〜15:20(含 質疑10分)

<テーマ>
「サム・ウォルトンの経営哲学に見るWal-Martのビジネス展開の特長―経営史的アプローチによる―」
<報告者>
首藤 禎史 氏 (大東文化大学委)

担当理事:野口 正 (中小企業診断協会)
E-mail: noguchi-t[at]j-smeca.jp([at]を @ に変えて下さい)

連絡先:
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1 
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史

→ 2021年の活動報告
→ 2020年の活動報告
→ 2019年の活動報告
→ 2018年の活動報告
→ 2017年の活動報告
→ 2016年の活動報告
→ 2015年の活動報告
→ 2014年の活動報告
→ 2013年の活動報告
→ 2012年の活動報告
→ 2011年の活動報告
→ 2010年の活動報告
→ 2009年の活動報告
→ 2008年の活動報告
→ 2007年以前の活動報告
Copyright© 2011 日本経営診断学会 All Rights Reserved.