お知らせ

会員各位へお知らせ

2020年度 共同研究プロジェクトの募集のご案内(20/07/22 掲載)

学会員各位

日本経営診断学会 研究推進委員会

 2020年度(2020.9-2021.10)の共同研究プロジェクトの募集を行います。共同研究プロジェクトをご計画されている会員の皆様、ご応募ください
 なお、応募にあたりましては、下記の募集要件ならび応募方法をご確認の上、ご申請ください。よろしくお願いいたします。

1.募集要件について

@
共同研究プロジェクトの構成員は個人会員であることが条件になっています。
A
共同研究プロジェクトの助成対象期間は採択時点から1年間です。
B
1プロジェクト対して1年間で10万円を助成します。
C
1年間で終了しないプロジェクトは、継続してもう1年間を追加して認められます。ただし2年目の助成は減額5万円となります。
D
採択されたプロジェクトに関しては、次年度の全国大会での研究報告と論文集への寄稿の責務を負います。2年間の場合は、1年目は中間報告、2年目を最終報告とします。

2.応募方法について

@
締め切り:2020年9月14日(月)12:00を申請締め切りとします。
A
申請方法:以下の2つの方法をご用意しました。どちらかで申請してください。
1.
学会HPより応募のための申請書をダウンロードして記入してください。申請書をメールにて本部、あるいは研究推進委員会sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)までご提出ください。
2.
インターネットで直接ご申請の方法も御用意いたしました。
以下のURLからGoogleformにアクセスをして申請をおこなってください。
https://forms.gle/nc8t5xdj2bX8VCAs6

3.審査手続きについて

@
研究推進委員会にて審査を行い、審査結果は速やかに申請者にお知らせいたします。その後、学会HP上に掲載いたします。
A
もし応募件数が予定件数に満たない場合は、2020年12月末日を期限に追加募集を行うことがあります。その場合、再募集のご案内を学会HPに掲載するとともに、締め切り後に研究推進委員会を開催し審査を行い決定します。審査結果は速やかに申請者にお知らせいたします。同時に、学会HP上に掲載いたします。

4.応募先
 日本経営診断学会本部事務局 honbu@shindangakkai.jp

問い合わせ先:
日本経営診断学会研究推進委員会委員長
法政大学 酒井理 sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい) TEL 03(3264)6313

「日本経営診断学会第53回全国大会」のオンライン開催について(ご案内)(20/07/15 掲載)

第53回全国大会実行委員会委員長
長谷川 路子(追手門学院大学)

 日本経営診断学会第53回全国大会は、諸般の事情により、オンラインにて開催することとなりました。予稿集の原稿をご提出いただいてからの決定となりましたことを、お詫び申し上げます。
 当学会では、オンラインでの全国大会の開催は初めての事となります。報告者、座長(司会)はもとより、ご参加くださる皆様に、ご不便をおかけすると存じますが、ご理解とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い致します。
 ふるってご参加いただきたく、以下の通り、ご案内申し上げます。

1.
統一論題テーマ 「持続可能な開発目標と経営診断」
2.
開催日程
各種委員会、理事会の日時は追って連絡いたします
9月26日(土)
午前 自由論題報告、大学院生報告、診断事例報告
午後 特別講演、統一論題報告、会員総会
9月27日(日)
午前 自由論題報告
午後 共同研究プロジェクト報告、ラウンドテーブル討議
3.
開催校  追手門学院大学
4.
開催形式 オンライン開催(Cisco社のWeb会議システム「Webex」を使用予定)

プログラムや参加申込方法などの詳細は、後日、ご案内いたします。

<お問い合わせ先>
第53回全国大会実行委員会事務局
E-mail:kansai[at]shindangakkai.jpまたは、m_ohashi[at]hcn.zaq.ne.jp([at]を @ に変えて下さい)

以上

学会賞募集のお知らせ(20/06/10 掲載)

本年も学会賞募集の時期となりました。つきましては、学会賞を下記要領で募集いたしたいと思います。下記に記載させていただきました期間に執筆されました著書・論文が対象となります。自薦、他薦を問いませんので、ふるってご応募いただければと存じます。よろしくお願い申し上げます。

応募対象論文
:2019年6月から2020年5月までに刊行された著書または論文
応募期限
:2020年7月末日
応募方法
:応募者は当該発表物「3部」を「学会賞応募」と朱記のうえ、下記学会賞審査委員会事務局までに送付する。
本賞の受賞資格
:本会個人会員

送付先:

〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1−1
明治大学 研究棟 822室
日本経営診断学会賞審査委員会事務局
高橋昭夫

電話およびメールの連絡先:

Tel..:03-3296-2151 (直通)
e-mail :takahasi[at]meiji.ac.jp(研究室)([at]を @ に変えて下さい)

本部事務局からのお知らせ(20/03/31 掲載)

会員各位

本部事務局

「JMDA経営診断会報」の第10巻が発行されました。2019年9月28日の第52期総会でもご報告いたしましたように、経費節減とペーパーレス化を進めるために、第10巻より、「マイページ」での閲覧となります。会員IDなどは、会費請求書に記載されております。なお、個人情報なども含まれていますので、取り扱いにはご注意ください。よろしくお願い申し上げます。

『全能連マネジメント・アワード』のご案内(20/03/10 掲載)

日本経営診断学会
会員各位

平素 全日本能率連盟(全能連/AFMO)には、格別のご高配を賜り感謝申し上げます。

弊連盟は、1949年の創設以来70年に渡り、「経営の科学化」を推進し「健全な産業人材」の育成を通じて、わが国経済のさらなる活力を引き出すことを目的に活動して参りました。

この度『全能連マネジメント・アワード』を開催し、組織・人材の能力・活力を引き出す経営・マネジメント支援活動や実践理論の研究活動を表彰いたします。

本アワードでは、経営・マネジメント理論研究を著した学者、研究者、院生などを対象とした
「アカデミック・フェロー・オブ・ザ・イヤー」をはじめ
「コンサルタント・オブ・ザ・イヤー」
「インストラクター・オブ・ザ・イヤー」
「プログラム・イノベーター・オブ・ザ・イヤー」などの部門賞と、
最優秀の「全能連マネジメント大賞」があり、栄誉ある称号とともに、副賞として総額100万円の賞金(奨励金)または賞品が贈られます。

【概要について】
  https://www.zen-noh-ren.or.jp/management_award/

【応募について】 募集締切:7月6日(月)
  https://www.zen-noh-ren.or.jp/management_award/inform/

現在、全能連会員を問わず、広く応募を受け付けております。
自薦・他薦は問いません。また、個人・グループでの応募もお受けいたします。

つきましては、貴学会会員の皆様にご案内賜りますとともに、積極的にご応募くださいますようお願い申し上げます。

************************
公益社団法人 全日本能率連盟
『全能連マネジメント・アワード』事務局 田頭(たがしら)
〒102-0082
東京都千代田区一番町4-5 ニューライフ 一番町203号室
TEL03-3221-5051 FAX03-3221-5054
E-mail:award[at]zen-noh-ren.or.jp([at]を @ に変えて下さい)
URL:http://www.zen-noh-ren.or.jp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/AFMO.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/afmo_jp
************************

2020年度「全能連マネジメント・アワード」(PDF)

日本経営診断学会 第53回全国大会の実施概要と報告申込みのご案内(19/12/23 掲載)

すでにご案内とおり、当学会第53回全国大会は、統一論題テーマを「持続可能な開発目標と経営診断」(趣意書を参照)とし、2020年9月25日(金)〜27日(日)の日程で、追手門学院大学にて開催されます。その実施概要と報告申込みのご案内をいたします。多くの会員の皆さまのご報告をお待ちしています。

なお、報告お申し込み締め切りは2020年5月10日(日)、予稿の提出期限は7月5日(日)となっております。ご案内まで。

日本経営診断学会 第53回全国大会実行委員会

  • ・報告希望者募集(ご案内)  (PDF
  • ・統一論題テーマ(趣意書)  (PDF
  • ・ラウンドテーブル・ディスカッション実施要領  (PDF
  • ・報告申込書  (Word

サービス化診断SIG研究会のご案内(19/12/02 掲載)

日本経営診断学会会員各位

サービス化診断研究グループ
研究代表 酒井理(法政大学)

この度、昨年度より学会内で発足いたしましたSIG(Special Interest Group)、サービス化診断研究グループの研究会を開催いたします。
明治大学サービスマーケティング研究所主催の研究会との共催になります。JMDA関東部会の協賛をいただいております。
学会員の皆様より広く参加を募りたくご案内いたします。
無料となっておりますのでお気軽にご参加ください。

テーマ: サービス産業へのデザイン思考の適用とリフレーミングの重要性

主催:
明治大学サービスマーケティング研究所
共催:
日本経営診断学会サービス化診断グループ
協賛:
日本経営診断学会関東部会

<主旨>
組織にイノベーションを引き起こす方法としてデザイン思考が注目されている。
これまでデザインは視覚的なシンボル、モノを中心に展開されたが、行為のデザイン、そして組織のビジネスモデルの構築や制度のような社会システムのデザインにまでその対象を拡張してきた。
近年ではサービスデザインという新たな潮流も生まれている。さらに今日では、地域社会の持続性や情報技術の活用などについてもデザイン思考をベースに議論がなされつつある。
しかし、組織にデザイン思考を導入すれば、イノベーションが推進されるのかというと話はそう単純ではない。この点で、David Dunne教授は、組織にデザイン思考を導入しようとする際に、デザイン思考家と組織の間に生じる軋轢、すなわち3つの緊張感を見出した。
それらは
 @デザイン思考家と組織の距離から生じる緊張感
 A破壊的イノベーションの実行にあたって生じる緊張感
 B視野の違いによって生じる緊張感
である。
組織にデザイン思考を浸透させるためには、これらの緊張感を理解し、緩和し、新たな方向へとリフレーミングすることが求められるのである。
Dunne教授は、多くの企業にデザイン思考を導入する経験を基に、3つの緊張感に対処する方法を導き出した。
今回の研究会ではDunne教授を招聘し、彼独自のデザイン思考の考え方を報告していただく。
これに合わせて、デザイン思考を日本の物流企業や商店街などの日本のサービス産業に適用する際の問題点やデザイン思考家の育成について、日本側の研究者の研究報告を交えて議論していく。

登壇者:
David Dunne 氏(カナダ・ビクトリア大学経営学部教授)
酒井理 氏(法政大学キャリアデザイン学部教授)
庄司真人 氏(高千穂大学商学部教授)
菊池一夫 氏(明治大学商学部教授)
町田一兵 氏(明治大学商学部准教授)
大下剛 氏(明治大学商学部助手)
日時:
2019年12月21日(土) 14時〜16時30分
場所:
明治大学駿河台校舎リバティタワー1064教室(6階)
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

事前予約不要
入場料無料
※ 当日はディスカッションの部分に逐次通訳がつく予定です。報告者のプレゼンテーションは英語と日本語で行われます。

チラシはこちら

日本経営診断学会第53回全国大会のご案内(19/10/04 掲載)

第53回大会は追手門学院大学において開催いたします。
日程:2020年9月25日(金)、26日(土)、27日(日)

【経営関連学会協議会】公開シンポジウム(11月30日)開催のお知らせ(19/10/04 掲載)

経営関連学会協議会より公開シンポジウムの案内が届きましたので、お知らせいたします。

☆経営関連学会協議会 第12回公開シンポジウム
『デジタル変革時代にいかに適応するか!』

【日時】
2019年11月30日(土)13:50〜17:20
【会場】
専修大学 神田キャンパス 1号館301教室
千代田区神田神保町3-8(東京メトロ九段下駅、神保町駅下車 徒歩3分)
【詳細】
こちら(PDF)をご覧ください。
【参加申込】
経営関連学会協議会のウェブサイトトップページに参加申込フォームへのリンクが掲載されていますのでそちらからお申し込みください。
http://www.jfmra.org/

第52期理事会ならびに各種委員会のご案内(19/08/30 掲載)

会長 高橋昭夫

下記の要領にて、第52期理事会ならびに各種委員会を開催いたします。万障繰り合わせの上、ご出席ください。なお、全国大会開催校ではなく、明治大学駿河台校舎です。

場所:明治大学 大学会館 8階第3・4会議室
日程:9月27日(金)

●各種委員会
【研究推進委員会】酒井理委員長(兼務)14:00〜
【学会賞審査委員会】井上崇通委員長(担当:稲福善男副会長)14:00〜
【財務委員会】永江総宜委員長(担当:大友純副会長)14:00〜
【広報委員会】鈴木英之委員長(担当:大友純副会長)15:00〜
【寄稿編集委員会】田口尚史委員長(担当:酒井理副会長)15:00〜
【大会運営委員会】大友純委員長(担当:稲福善男副会長)16:00〜

●理事会
17:00〜

地図
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

学会賞募集のお知らせ(19/04/26 掲載)

本年も学会賞募集の時期となりました。つきましては、学会賞を下記要領で募集いたしたいと思います。下記に記載させていただきました期間に執筆されました著書・論文が対象となります。自薦、他薦を問いませんので、ふるってご応募いただければと存じます。よろしくお願い申し上げます。

応募対象論文
:2018年6月から2019年5 月までに刊行された著書または論文
応募期限
:2019年6月末日
応募方法
:応募者は当該発表物「3部」を「学会賞応募」と朱記のうえ、下記学会賞審査委員会事務局までに送付する。
本賞の受賞資格
:本会個人会員

送付先:

〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1−1
明治大学 研究棟 821室
日本経営診断学会賞審査委員会事務局
井上崇通

電話およびメールの連絡先:

Tel..:03-3296-2150 (直通)
e-mail : tinoue@meiji.ac.jp(研究室)

2019年4月26日
学会賞審査委員会
委員長 井上崇通

『日本経営診断学会論集 2019』投稿期限の延長について(寄稿論文のみ)(19/04/02 掲載)

『日本経営診断学会論集 2019』の投稿期限につきまして、寄稿論文(統一論題、自由論題、大学院生コーナー)のみ投稿期限を2019年4月30日(火)まで延長いたします。ふるって応募ください。

論集手続きについては、以下URL(『日本経営診断学会論集2019』への寄稿、投稿募集について)をご参照下さい。

http://www.shindangakkai.jp/ronsyu/index.html

「日本経営診断学会論集17」が発刊されました。(18/12/20 掲載)

J-Stage 日本経営診断学会論集

希望者には,別途,有料にて「抜き刷り」および「学会論集(紙媒体)」の提供も行っておりますので,詳しくは,編集事務局(Tel:03-6824-9363,E-mail:jmda-edit[at]bunken.co.jp [at]を @ に変えて下さい)にお問い合わせください。

台風25号の接近に伴う第51回全国大会開催について(第2報)(10月5日9時発表)(18/10/05 掲載)

日本経営診断学会第51回全国大会は予定通り開催いたします。
台風の影響による強風などに注意され、身の安全を第一に考えて参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。 

台風25号の接近に伴う第51回全国大会開催について(10月3日14時発表)(18/10/03 掲載)

日本経営診断学会第51回全国大会は予定通り開催いたします。
ただし、台風の進路、天候の状況および交通機関の影響により、予定を変更する場合がありますので、5日(金)9時頃にあらためて本学会ホームページでお知らせいたします。

日本経営診断学会第51回大会(中村学園大学)開催のご案内(18/10/03 掲載)

第51回全国大会は、10月5日(金)〜7日(日)の日程で、中村学園大学にて開催されます。今回の統一テーマは、「経営診断の理論と実践の融合を考える」です。
多くの会員の皆さまのご参加をお待ちしております。

日本経営診断学会 第51回全国大会 実行委員会
  ・プログラム(全体)(PDF)
  ・プログラム(10月6日)(PDF)
  ・プログラム(10月7日)(PDF)

【経営関連学会協議会】公開シンポジウム(11月17日)開催のお知らせ(18/09/27 掲載)

経営関連学会協議会より公開シンポジウムの案内が届きましたので、お知らせいたします。

☆公開シンポジウム
『AI時代の価値共創と人財育成の展望』

【日時】
平成30年11月17日(土)13:50〜17:20
【会場】
専修大学 神田キャンパス 1号館101教室
千代田区神田神保町3-8(東京メトロ九段下駅、神保町駅下車 徒歩3分)

◆講演者・パネリスト:

 浦本直彦 氏
人工知能学会会長・(株)三菱ケミカルホールディングス
先端技術・事業開発室Chief Digital Technology、Scientist & Text Mining CoE
 脇谷 勉 氏
人工知能学会理事・(株)本田技術研究所 R&DセンターX 執行役員
 松尾 豊 氏
日本ディープラーニング協会理事長・東京大学大学院特任准教授)

◆討論者:

 戸谷圭子 氏
日本学術会議連携会員・明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 教授

ポスターはこちらです(添付のファイルをリンク付けしてください)

*終了後、ご来場の皆様の交流・懇親の場として懇親会を開催します。
 参加希望者は11月8日までに下記宛て、ご所属・連絡先を明記の上ご連絡願います。
 一般の方は懇親会参加費千円を受付で申し受けます。
 【申込先】 jfmra.event[at]gmail.com ([at]を @ に変えて下さい)

「日本経営診断学会論集16」が発刊されました。(18/09/21 掲載)

J-Stage 日本経営診断学会論集

希望者には,別途,有料にて「抜き刷り」および「学会論集(紙媒体)」の提供も行っておりますので,詳しくは,編集事務局(Tel : 03-5389-6492,E-mail:jmda-edit@bunken.co.jp)にお問い合わせください。

SIGプロジェクト発足の案内(18/07/30 掲載)

日本経営診断学会 学会員各位

日本経営診断学会では、学会員の研究活動、診断事業に資するために 部会の枠を超えて活動するSIG(Special Interesting Group)プロジェクトを実施いたします。 興味のあるテーマのもとに集まり議論をする自由な研究グループを構成いたします。

まずは2グループを立ち上げましたので、ご関心あれば研究代表にご連絡ください。
グループへの参加は自由です。
なお、新たな研究グループを立ち上げて会員に呼びかけたいなどのご希望があればお申し出ください。

研究グループ:観光診断研究グループ
研究代表:鈴木英之(合同会社ファイン・アナリシス)
所属部会:関西部会
連絡先:suzuki[at]finea.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

研究グループ:サービス化診断研究グループ
研究代表:酒井理(法政大学)
所属部会:関東部会
連絡先:sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

<お問い合わせ>
研究推進委員会委員長 酒井理(法政大学)
sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)


共同研究プロジェクトの募集のご案内(18/07/09 掲載)

JMDA研究推進委員会

 今年度の共同研究プロジェクトの募集を行います。共同研究プロジェクトをご計画されている会員の皆様、ふるってご応募ください。
なお、応募にあたりましては、下記の募集要件ならび応募方法をご確認の上、ご申請ください。よろしくお願いいたします。

共同研究プロジェクト申請書(Word)
共同研究プロジェクト継続申請書(Word)
共同研究プロジェクト報告延期申請書(Word)

1.募集要件について
  • ① 共同研究プロジェクトの構成員は個人会員であることが条件になっています。
  • ② 共同研究プロジェクトの助成対象期間は採択時点から1年間です。
  • ③ 1プロジェクト対して1年間で10万円を助成します。
  • ④ 1年間で終了しないプロジェクトは、継続してもう1年間を追加して認められます。ただし2年目の助成は減額5万円となります。
  • ⑤ 採択されたプロジェクトに関しては、次年度の全国大会での研究報告と論文集への寄稿の責務を負います。2年間の場合は、1年目は中間報告、2年目を最終報告とします。
2.応募方法について
  • ① 2018年9月30日17:00 を申請締め切りとします。
  • ② 学会HPより応募のための申請書をダウンロードして記入してください。
  • ③ 申請書をメールにて本部までご提出ください。
  • ④ 2018年10月初旬の研究推進委員会にて審査を行い、審査結果は速やかに申請者にお知らせいたします。同時に、学会HP上に掲載いたします。
3.応募先

日本経営診断学会本部事務局 honbu[at]shindangakkai.jp([at]を @ に変えて下さい)

問い合わせ先:日本経営診断学会研究推進委員会委員長
法政大学 酒井理
Email:sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)  TEL:03(3264)6313


SIG(Special Interest Group)プロジェクトの発足について(18/07/02 掲載)

2018/07/01
日本経営診断学会研究推進委員会

2017年全国大会総会において承認されました標記プロジェクトにつきまして、募集を行います。研究グループの立ち上げをご希望される会員は、研究推進委員会までご連絡をいただきますようお願いいたします。
なお、研究グループの立ち上げに関しましては、随時可能ですので、特定の期限を設けておりません。有志メンバーで立ち上げられても結構ですし、学会ホームページで参加を呼びかけていただいても構いません。
当面は学会からの金銭的な支援は措置しておりませんのでご了承ください。部会横断的に活動していただくことを推奨いたしますが、部会活動の一つとして取り組んでいただいても結構です。その場合は、他の部会からの参加を妨げないようにお願いします。
SIGの研究グループを部会としてご支援いただければ、なおさらありがたく、できるだけ自由に活動していただければ幸いです。
皆様のお力で、学会における研究活動を活発にしていただくことを期待いたします。
よろしくお願いいたします。

<連絡先>
日本経営診断学会研究推進委員会
委員長 酒井 理 (法政大学)
e-mail: sakai[at]hosei.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)

日本経営診断学会第51回全国大会 統一論題 趣旨書
「経営診断の理論と実践の融合を考える」(17/02/19 掲載)

 日本経営診断学会は昨年50周年を迎えた。実に半世紀を経過した実績を有する学術団体であることに誇りを覚えます。今年は51年目で過去を振り返りつつ、新規にスタートする年に当たります。この半世紀の間に経営学の各分野の進歩とともに経営診断の進歩・進化が見られた。例えば、ドメイン(事業領域)に関する理論の進化は、その例であろう。その理論を用いて、研究者は実務に貢献してきており、一方で、実務家からは事業領域をどのように設定していくべきなのかの問題解決に直面してきている。この理論と実務の両側から経営診断の進歩があるものと考えられる。
 今回、全国大会の統一論題としては「経営診断の理論と実践の融合を考える」といたしました。本学会においては、経営診断の対象や技法が多岐にわたっていることから、山城章先生の「知識Knowledge」と「経験Experience」を踏まえた研鑽によって、「実践能力Ability」を開発していくKAEの考え方をもとに、経営診断に関する理論や知識とともに経営診断に関する実務的経験が経営診断の能力を向上させることと考えました。
 研究者には理論や知識をベースに経営を診断できる能力の向上や理論構築が期待され、また、中小企業診断士をはじめとするコンサルタントには実務的経験を理論化することで経営診断能力の向上が期待されていると考えます。そこで、「経営診断の理論と実践の融合を考える」を今回の統一論題とさせて頂きました。
 本学会では『日本経営診断学会叢書』として、全三巻の書籍を刊行しており、これらの書籍は、現在の本学会の英知の集積と言うことができます。そこで、この書籍で論じられた経営診断の理論的研究およびその実践の研究を基盤に、その成果を、次なる半世紀に向けて継承し、発展させていくスタート時期にあたります。今回の全国大会の統一論題も、このような意図を含め、設定されたものであります。

 そこで、今回の全国大会では、経営診断の理論と実践に関する以下の三つのサブテーマの下、過去の研究を振り返りながら、今後に向けての新たな展開を期待しています。
①経営診断対象の新分野
②経営診断の新技法
③経営診断の新たな理論
 三つのサブテーマは、それぞれが大きなテーマであり、多方面からのアプローチが可能であると思われますので、多くの先生方の精力的な報告を期待しています。

第51回全国大会実行委員会よりご挨拶

報告希望者募集について(PDF)

報告申込書(Word)
※報告申込み締切 2018年5月9日(水)


日本経営診断学会叢書出版のお知らせ(15/09/16 掲載)

日本経営診断学会の出版事業として理論、体系、歴史、制度、新しい視点に関して3冊の書籍として出版いたしました。

第1巻『経営診断の体系』
第1章 経営診断のフレームワーク
第2章 戦略診断
第3章 財務診断
第4章 人的資源管理診断
第5章 技術・生産診断
第6章 マーケティング診断
第7章 ロジスティクス診断
第8章 情報資源管理診断
第9章 経営診断技法

出版社(同友館)へのリンク
http://www.doyukan.co.jp/store/item_051470.html
第2巻 『経営診断の歴史と制度』
第1章 わが国経営診断研究の歴史的変遷
第2章 わが国の能率運動と経営診断
第3章 戦前・戦中の能率運動
第4章 世界における経営診断

出版社(同友館)へのリンク
http://www.doyukan.co.jp/store/item_051326.html
第3巻 『経営診断の新展開』
第1章 経営診断基礎理論の構築に向けて
第2章 持続可能性の経営診断
第3章 公的・非営利領域における経営診断
第4章 地域における経営診断
第5章 サービスの経営診断

出版社(同友館)へのリンク
http://www.doyukan.co.jp/store/item_051302.html
訂正表
執筆者のお名前と担当箇所について誤りがありました。
お詫びの上、訂正いたします。

訂正表(PDF)

各部会のお知らせ

日本経営診断学会2020年度第4回(第255回)関東・東北部会
―研究報告 + 特別セッション「若手経営者による伝統産業の復興」―

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
首藤禎史

 すでにご通知しておりますように、延期としていました日本経営診断学会2020年度第4回(第255回)関東・東北部会を下記の要領で開催いたしますので、ご案内いたします。

 また、本「ご案内」の後部分に、日本経営診断学会2020年度第5回(第256回)関東・東北部会(オンライン部会)の質疑応答の結果を添付させていただいております。先にお知らせいたしました通り、これをもって、日本経営診断学会2020年度第5回(第256回)関東・東北部会(オンライン部会)を終了したことにいたします。ご了承のほどよろしくお願い致します。ご協力ありがとうございました。(担当理事:永江 総宜(東京都市大学), 部会長:首藤 禎史)

【日時】
2020年7月18日(土) 13:15〜17:00
【場所】
中小企業会館 講堂(9F) 東京都中央区銀座2-10-18  TEL:03-3542-0121
東京メトロ 有楽町線・銀座一丁目駅11出口徒歩1分  銀座線・銀座駅A13出口徒歩7分

アクセスマップ

出所) http://zenkyo.or.jp/funds/pdf/map.pdf

【プログラム】

第一部 研究報告 13:15〜15:25(各報告は、発表30分+質疑応答10分)

第1報告 13:15〜13:55

<テーマ> 「中小企業診断士資格及びその成功モデル研究」
<報告者> 阿部 仁志 氏 (ABE創研)

第2報告 14:00〜14:40

<テーマ> 「統計からみる中小企業診断士の現状と課題」
<報告者> 川村 悟 氏 (関西外国語大学)

第3報告 14:45〜15:25

<テーマ> 「伝統産業のイノベーションにデザイン思考は役立つか」
<報告者> 酒井 理 氏 (法政大学)

第二部 特別セッション  15:30〜16:45

15:35〜15:55
事業紹介 有限会社エニシング 西村 和弘 社長
15:55〜16:15
事業紹介 天領盃酒造株式会社 加登 仙一 社長
16:15〜16:45
パネル・ディスカッション
「若手経営者による伝統産業の復興」 コーディネーター;吉本 準一 氏

* * * * * * * * * * * * * * * * * [パネル・ディスカッション] * * * * * * * * * * * * * * * * *

【テーマ】「若手経営者による伝統産業の復興」
 伝統産業の衰退が言われて久しいが、伝統産品の前掛けと清酒には縁もゆかりもなかった若者が、その魅力に惹かれて業界に参入し、企画・流通から生産まで直接関わるようになった。伝統産業の復興に取り組む二人の若手経営者に、そのビジョンとともに参入経緯や経営体験を語ってもらい、伝統産業における起業の新たなモデルを探る。

【パネリスト紹介】
○西村 和弘 氏 (有限会社エニシング 代表取締役社長,46才)
広島市で生まれ育ち、大学在学中にアメリカに1年留学して、海外の文化環境のなかで“和”への意識が高まる。大手食品メーカーに就職後、27歳で独立・起業し、漢字Tシャツの企画販売を開始。“和”にこだわるうちに伝統的な「帆前掛け」に出合い、販売を通じてその魅力を全国・世界へ発信中。2019年6月に愛知県豊橋市に念願の自社工場を新設した。

○加登 仙一 氏 (天領盃酒造株式会社 代表取締役,26才)
1993年生まれ、千葉県成田市出身。大学時代にスイスへ留学し、海外で暮らす中で日本の魅力に気がつき、日本酒に没頭するようになる。三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、2018年3月に自力で資金調達をして、新潟県佐渡市の天領盃酒造を買い取り、若干24歳にして全国最年少の蔵元となる。

主催:中小企業診断士協会
担当理事:吉本 準一(中小企業診断士)

<連絡先>
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
首藤 禎史

今回の部会(2020年度第4回部会)は、中小企業診断士協会主催の特別セッションであるため、関東・東北部会長と担当理事とで事前に申し込みのあった会員から発表者(報告者)を調整いたしました。

*世界的な新型コロナvirusの流行で、今回のこの日時・内容変更につきましても、さらに変更される可能性があることをご承知おき頂きたくお願い申し上げます。*



2020年度 日本経営診断学会第5回関東・東北部会 オンライン部会用質疑応答

質問事項:
第2報告「エマジー理論の概要と適用事例の分析」について;

 エマジー理論をサスティナビリティと結びつける意義は良くわかり、大変すばらしい発想だと思います。ただ、「SDGsの評価手法として期待される新たな手法」の副題に対して、具体的な論述がないようなので、追記されることを期待します。(山崎康夫 氏;中部産業連盟)

回答:

 ご指摘の点は、是非とも記述したかった事項ですが、予稿の記載スペースに収まりませんでした。 エマジー理論は、有用ですが非常に複雑で、できるだけ具体例をご説明しないと内容をご理解いただけないと思い、事例の引用を多くしました。そのため、4ページの予稿様式では、「SDGsの評価手法として期待される新たな手法」の副題に対する記述のスペースがなくなりました。現在、2行程度の余裕しかなく、予稿の修正は困難です。
「SDGs=サステナビリティの実現手段」と考えておりますので、制限文字数を考慮すると、副題に関する言及がなくても、やむを得ないと考えております。
なお、全国大会におけるパワーポイントの説明では、スライド2枚を使い、副題に対する言及も予定しております。(武田 彰夫 氏;MIC武田技術士事務所)

第3報告の「国際連合を取り巻く世界情勢の変遷とSDGsに紐づく日本の課題 」に関しまして、関西外国語大学の川村 悟 氏から以下のようなコメントが付記されて、次のような投稿がございました。これに対して、報告者が回答をしてくださいましたので、掲載させていただきます。

質問事項:
第3報告「国際連合を取り巻く世界情勢の変遷とSDGsに紐づく日本の課題 」

予稿を拝見し、以下コメントをいたします。私の感想に近い内容ですので、特に応答頂かなくとも結構です。指導教員の意見と異なる部分もあろうかと思いますが、適宜ご参考頂ければ幸いです。

@題名:「国際連合を取り巻く世界情勢の変遷とSDGsに紐づく日本の課題」
 全体を通して、「世界情勢」に焦点を当てているのか、「日本の課題」について注目しているのか、論述が広範にわたる印象を受けました。「世界情勢」あるいは「日本の課題」、どちらかに絞ると論旨が明解になるのではないかと感じました。

A1.緒言
「中小企業においては未だ認知が低い状態が続いている。」と問題視されています。中小企業に認知されないとどのような問題が生じるのか、逆に認知が進むとどのような利点が生まれるのか、ご自身の課題認識を掘り下げて書かれると、本研究の意義が見えやすくなるかと思います。

B2.先行研究
 上記@のコメントに準じます。実際の研究活動としては緻密かつ膨大な数の先行研究を調べる必要はありますが、今後の学会発表や論文投稿の段階ではこの部分に紙幅を割く必要性は低いと考えます。

C3.方法
 どのような方法を用いるのか、なぜそれが妥当なのかなど、研究方法について具体的に記した方が前後のつながりが分かりやすくなると思います。たとえば、定性的な聞き取り調査によるのか、定量的なアンケート調査を実施するのか、あるいは文献・資料をレビューするのかなど、研究方法を明示した方が宜しいかと思います。その上で、なぜその方法を選択するのが妥当なのか(例「なぜ定量的方法ではなく、定性的なものによらなければならないのか」)についても触れてもよいかと思います。

D全体を通して:
1.緒言、2.先行研究、3.方法などを再検討したうえで、構成を見直されることをお勧めします。調査された材料はおありのようですので、全体の構成を見直されることで、学会発表や論文投稿の水準に近づくのではないでしょうか。

以上

(川村 悟 氏:関西外国語大学)

回答:

この度は報告の機会を戴きありがとうございました。以下に質疑応答内容を記載します。
@について:題名「国際連合を取り巻く世界情勢の変遷とSDGsに紐づく日本の課題」について世界情勢」に焦点を当てているのか、「日本の課題」について注目しているのか、論述が広範にわたる印象を受けたとのご指摘がありました。問題意識と研究方法が明確になっていないので全体の構成としてもまとまり切れていない部分があり広範に渡るテーマとしてでしか設定できなかった事態に陥ったと思われます。問題意識と研究方法について再度検討し題名を再考したいと思います。
Aについて:諸言で「中小企業においては未だ認知が低い状態が続いている」と問題視をしているが、中小企業に認知されないことによる利点と欠点についても述べると研究の意義が見えてくるのではないかとのご指摘がありました。研究の意義に関しては見えていない内容になっていました。今回の発表した結果や結言に潜在的な意識として組み込まれているかもしれないので見直しつつ、中小企業に認知されていないことによる利点と欠点について考察して参ります。
Bについて:先行研究の記載割合が多く全体の構成から見ると、報告の際には削れる部分があるとのご指摘をいただきました。確かにこの部分の最後は本報告に向けて追い込んだのですが、論文形式の発表を意識したことにより、期限内に纏まりきらず研究の背景を含めた段階で提示してしまいました。同時にSDGsについても先行研究が弱いとも自覚しておりそちらは深めて行かなければならないと考えております。今回の指摘を踏まえて集約した構成にして行くつもりです。
Cについて:研究方法について具体的な手法とその手法が妥当な理由について述べたほうが良いとの指摘がありました。手法については明確にすべく研究方法の妥当性について検証をしていく必要性を感じました。
Dについて:この度は、研究を一人でブラッシュアップするよりも、加速に繋がるご指摘をいただいたと感じており厚く御礼を申し上げます。自身の視座が高まりより早い時期に形にできそうです。指摘された箇所は先ずは取り掛からなければならない部分ですので優先順位として高い部分であり、今後研究を進めるうえで惑う要素が減りました。今後もこの研究についても続けて参りますので、また報告の機会がありましたらよろしくお願い致します。
以上
(五十川 龍 氏;駒澤大学大学院)


第192回日本経営診断学会関西部会 (ご案内)

1、日時:令和2年7月4日(土) 13時から

2、形式:オンライン開催(シスコ社Webexを使用)
 参加ご希望の方は、関西部会事務局までメールでご連絡ください。
 数日前迄にメールで参加方法をお知らせします。

3、研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「中小企業の海外展開に関する研究」
研究報告者 太田 一樹(大阪商業大学)
討論参加者 小林 正和(福山大学)
(2)
「小売中心性指標活用の課題と可能性」
研究報告者 長谷川 路子(追手門学院大学)
討論参加者 鴻 雅行(大阪府中小企業診断協会)
(3)
「中小製造業の革新的サービスの一考察-事業計画作成支援の着眼点-」
研究報告者 服部 繁一(大阪経済大学)
討論参加者 藤井 一郎(四国大学)
(4)
「藤井秀樹学説における会計評価論」
研究報告者 木村 勝則(宮崎学園短期大学)
討論参加者 大橋 正彦(エコ・マーケティング研究所)
(5)
「観光地域戦略のためのオンラインレビュー分析」
研究報告者 鈴木 英之(合同会社ファイン・アナリシス)
討論参加者 山川 雅行(大阪観光大学)
(6)
「わが国消費者におけるエコ製品利用の規定因 -JGSS-2000〜2018の累積データより-」
研究報告者 大橋 正彦(エコ・マーケティング研究所)
討論参加者 辻 一幸(公益社団法人京都府原爆被災者の会)

本年の部会(予定):9/5(土)・12/12(土)
本年の大会:9/26(土)-9/27(日)於追手門学院大学

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:m_ohashi[at]hcn.zaq.ne.jp ([at]を @ に変えて下さい)

日本経営診断学会2020年度第5回(第256回)関東・東北部会のおしらせ

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
首藤禎史

 日本経営診断学会関東・東北部会の皆様におかれましては、ご清栄のことと存じます。

 さて、2020年4月11日(土)に中小企業会館で予定されていました日本経営診断学会2020年度第4回(第255回)関東・東北部会が新形コロナvirusの感染拡大により、7月18日(土)に延期になりました。第5回(256回)関東・東北部会を今月(6月)20日(土)に予定しておりましたが、新型コロナvirus感染症は収束の兆しは見せてはいるものの、未だ東京都には“東京アラート”が発動されています。しかしながら、本日本経営診断学会第53回全国大会は、この事態の様子を見計らいつつ、現段階では2020年9月25日(金)〜27日(日)の日程で、追手門学院大学にて開催される予定になっています。

 全国大会での報告が各部会の了承・推薦による(慣例的に部会報告を義務付けている)本学会においては、この緊急事態でこれを省略することも検討いたしましたが、初めて報告をされる大学院生もエントリーされている関係から、できるかぎりこのプロセスを経て、全国大会での報告を有意義なものにしていただく方法はないものかと考え、今回(2020年度第5回関東・東北部会)は、WEB(メール)部会の形式を採用させていただくことにいたしました。

 方法・手順といたしましては:

@ 報告者に当診断学会のホームページの「論集手続き」のフォルダにある「投稿要領(論文テンプレート)」を用いて、報告内容(論文)を作成し、小職に6月17日(月)までに添付ファイルで送っていただく(報告内容量はテンプレートには「A4判用紙(210×297mm)6ページ(図表を含む),カメラレディ(完全原稿)のワープロ原稿,横書きで1枚(1ページ)の字数,25.5 字×50行×2段=2,550字」としますとありますが、今回はこれに準じますがかならずしもこれを満たすものでなくても構わない(予稿集フォーマットでも可))。

A これを小職が確認後、部会の当初の開催予定日である6月20日の1日前に関東・東北部会会員の皆さんにメールで配信し(質問ご意見のフォーマットを作成し添付しておきます)、質問・ご意見があれば、6月22日までに当関東・東北部会事務局(メールの発信元)あてに返信をしていただくようにする。受け取った質問・ご意見を報告者になるべく早くお送りし、この質問・ご意見に対する回答を6月25日までに小職に返信いただき、6月27日までにお報告者から頂いた質問・ご意見に対する回答を会員に配信し、部会を終了する。

報告テーマおよび報告者:

第1報告

<テーマ> 「資源配分構想の起点と資源配分類型」
<報告者> 有馬 賢治 氏(立教大学)

第2報告

<テーマ> 「エマジー理論の概要と適用事例の分析〜SDGsの評価手法として期待される新たな手法〜」
<報告者> 武田 彰夫 氏(MIC武田技術士事務所)

第3報告

<テーマ> 「国際比較から見るSDGsの立脚点と日本の課題 (‐持続可能な地域社会に向けた地方創生としての取り組み‐)」
<報告者> 五十川 龍 氏(駒澤大学大学院生)

*今般のような未曾有の事態を受け、急遽このような方法・手順にて部会を開催せざるを得ないことは大変残念ではございますが、関東・東北部会の皆様にはご協力のほどよろしくお願いいたします。

 なお、今回のこの部会開催方法および手順についてご質問等のある場合は、本メールへの返信でご質問いただくか、直接関東・東北部会長もしくは主催担当理事にお尋ねください。

主催校:東京都市大学
担当理事:永江 総宜(東京都市大学)

<連絡先>
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


第2回九州部会の延期・変更について

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

新型コロナウイルス感染拡大を受け、5月30日(土)に予定しておりました日本経営診断学会2020年度第2回九州部会について、以下のように、第2・3回九州部会として、9月頃の開催をめどに延期・変更することに決定しましたので、お伝えいたします。

2020年度第2・3回九州部会
日時:2020年9月頃(予定)
場所:中村学園大学(福岡市)

詳細については、新型コロナウイルスの状況を勘案しながら、後日、あらためてご案内申し上げます

九州部会長 片山 富弘


2020年度第2回九州部会開催および研究報告募集について

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
2月29日(土)に開催されました第1回九州部会の総会において、2020年度第2回および第3回九州部会の開催日時・場所が下記のとおり決定しましたので、お伝えいたします。
なお、今後2年間は、基本的に主テーマ(地域活性化、マーケティング、会計、観光など)を設け、主テーマに沿った報告2〜3件、それ以外の自由なテーマの報告2件、計4〜5件の研究報告を募集することになりました。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

九州部会長 片山 富弘

2020年度第2回(第58回)九州部会の開催について

@研究報告の申込締切日は2020年5月1日(金)です。
A開催日時 2020年5月30日(土)13時00分開始予定
B開催場所 中村学園大学(福岡市)
C主テーマ 地域活性化
D詳細については、後日、あらためてお知らせいたします。

第3回九州部会は9月5日(土)に鹿児島国際大学(鹿児島市)(主テーマ:会計)にて開催予定です。

研究報告申し込みや問い合わせなどは、以下までお願いいたします。

九州部会事務局 中川 隆 
Email:takashi[at]nakamura-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)
電話:092-851-6983(直通)

(配信:2020年3月2日(月))

第192回日本経営診断学会関西部会の延期について (お知らせ)

 平素は多々お世話なっています。
 早速ですが、諸般の事情により、すでにご案内の3月14日(土)の関西部会は4月以降に延期することになりました。現在、その延期日の調整をいたしております。4月から6月の土曜日で日時が決まりましたら、再度、ご案内をさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 平素のお礼と3/14関西部会延期のお知らせまで。

日本経営診断学会 関西部会 事務局
Eメール:kansai[at]shindangakkai.jp ([at]を @ に変えて下さい)

第55回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

【開催中止】
3月27日(金)に予定していました第55回日本経営診断学会北海道部会研究発表会は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、中止いたします。
今後のことにつきましてはあらためてお知らせいたします。

下記の通り第55回北海道部会研究発表会を開催いたします。
なお、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては中止することもありえますので、あらかじめご承知おきください。

日時
令和2年3月27日(金)18:00〜19:45
場所
小樽商科大学札幌サテライト中講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会北海道部会長 伊藤友章氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「事業再生M&Aにおけるスキーム」
報告者:阿部壮一氏(株式会社コプラン代表取締役、株式会社ストーク取締役)
18:55-19:45
講演(講演・質疑含め50分)
「eスポーツを通じた新たなビジネスの可能性」
河原大氏(北海道情報大学)

 なお、諸般の事情により懇親会は予定しておりません。したがって申し込み締め切り日も特に設定いたしませんが、準備の都合がありますので出欠のご連絡はお願いいたします。

 出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 福沢康弘(y.fukuzawa1967[at]gmail.com [at]を @ に変えて下さい)
(出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

日本経営診断学会2020年度第3回(第254回)関東・東北部会

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2020年度第3回(第254回)関東・東北部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2020年2月22日(土曜日)14:30-17:30
場所:
立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンスルーム
<アクセス>
JR:
池袋駅西口より大学正門まで徒歩約7分
地下鉄東京メトロ:
丸ノ内線/有楽町線/副都心線 池袋駅西口より大学正門まで徒歩約7分
有楽町線/副都心線 要町駅6番 出口より大学正門まで徒歩約6分
西武鉄道:
西武池袋線池袋駅西口より大学正門まで徒歩約7分
西武池袋線椎名町駅北口よりマキム門まで徒歩約12分

交通・アクセス

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:30-15:15 (質疑15:00-15:15)
<テーマ> 「「地域鉄道」経営改善の施策―鉄道会社、収益構造メカニズムの解明―」
<報告者> 中川 晃 氏(城西国際大学)

第2報告 15:25-16:10 (質疑15:55-16:10)
<テーマ> 「JR4社の経営比較分析」
<報告者> 山口 由二 氏(大東文化大学)

第3報告 16:20-17:05 (質疑16:50-17:05)
<テーマ> 「ビューティープラットフォームの収益モデルの変遷―アットコスメを事例として―」
<報告者>永谷 亜矢子氏(立教大学・株式会社an代表取締役)

*部会後は、懇親会を予定しています。皆様さまのご参加をお待ちしております。
 どうそよろしくお願いいたします。

主催校:立教大学
担当理事:高岡 美佳(立教大学)

<連絡先>
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史

*なお、今回の部会(第3回部会)は、前回(1月25日に法政大学で開催した第2回関東・東北部会) からの期間が短かかったために、公募を行うことができず、関東・東北部会長と担当理事とで発表者(報告者)を調整いたしました。ご了承ください。


2020年度第1回九州部会のご案内(通算第57回)

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2020年度第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

九州部会長 片山 富弘

  1. 開催日時 2020年2月29日(土)12時30分より受付
  2. 会場
     別府大学39号館4階3941教室(添付の地図を参照して下さい)
      〒874-8501 大分県別府市北石垣82

    別府大学別府キャンパス内施設配置図

     問い合わせ先
      是永逸郎 携帯:090-3822-0224 メール:kore[at]nm.beppu-u.ac.jp
      中川 隆 携帯:090-7539-9897 メール:takashi[at]nakamura-u.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)
  3. 報告 13時開始
    第1報告(13時00分〜13時40分 報告30分前後、質問10分前後)
     森下俊一郎氏 九州産業大学
     テーマ「宿泊業における外国人観光客のためのサービスとそのマネジメント」

    第2報告(13時40分〜14時20分 報告30分前後、質問10分前後)
     奥山慎次氏 奥山慎次事務所
     テーマ「事業承継の現状(仮)」

    第3報告(14時20分〜15時00分 報告30分前後、質問10分前後)
     田中翔氏・山田啓一氏 中村学園大学
     テーマ「「太宰府」のコンテクスト転換―西の都大宰府と太宰府天満宮―」

    休憩(15時00分〜15時10分)

    第4報告(15時10分〜15時50分 報告30分前後、質問10分前後)
     山田啓一氏 中村学園大学
     テーマ「イノベーションの新たな潮流―新興国・途上国からの発想」

    第5報告(15時50分〜16時40分 報告40分前後、質問10分前後)
     阿部博光氏 別府大学
     ゲストテーマ「温泉エネルギー活用の現状と課題」
  4. 総会(16時50分〜17時10分)

(2020年1月21日(火)配信)

日本経営診断学会2020年度第2回(第253回)関東・東北部会

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2020年度第2回(第253回)関東・東北部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2020年1月25日(土曜日)14:00-17:30
場所:
法政大学経営大学院一口坂校舎101教室
<アクセス>

交通・アクセス

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40 (質疑:14:30-14:40)
<テーマ> 「ドキュメント・アウトソーシングの発注傾向分析」
<報告者> 今村 由美子 氏(法政大学大学院生)・並木 雄二氏(法政大学大学院)

第2報告 14:50-15:30 (質疑:15:20-15:30)
<テーマ> 「小規模英語教室が存続するための差別化戦略」
<報告者> 南村 恵三 氏(法政大学大学院生)・並木 雄二氏(法政大学大学院)

第3報告15:40-16:20 (質疑:16:00-16:20)
<テーマ> 「食品企業におけるアウトソース品質管理の診断」
<報告者>山崎 康夫 氏 (中部産業連盟)

*部会後は、懇親会を予定しています。皆様さまのご参加をお待ちしております。
 どうそよろしくお願いいたします。

主催校:法政大学大学院
担当理事:並木 雄二(法政大学大学院)

<連絡先>
日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


第191回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
令和元年12月14日(土) 13時〜
2.場所:
立命館大学 茨木キャンパス
A棟2階セミナールーム AN221教室
茨木市岩倉町2-150  TEL 072-665-2020  
JR東海道本線「茨木」駅下車 徒歩約10分

〈13:00〜13:40〉
3.拡大理事会(全国大会拡大実行委員会)の開催

来年の全国大会に向けて、部会員の皆さまも参加、宜しくお願い致します。

〈13:45〜17:00〉
4.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「農産物を出荷したくなる道の駅直売所に関する一考察 -接客販売を重視した魅力的な売場づくり-」
研究報告者
辻 紳一(大阪市立大学大学院)
討論参加者
辻 一幸(京都友禅協同組合)
(2)
「診断事例を事例とした地域研究への連携(III)」
研究報告者
長谷川 路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
討論参加者
大橋 正彦(エコマーケティング戦略研究所)
(3)
「三木金物産業の変革と展望」
研究報告者
鴻 雅行(大阪府中小企業診断協会)
討論参加者
佐藤 俊一(大阪府中小企業診断協会)
★本年度の部会(予定):
3/14(土)・7/4(土)・9/5(土)
★本年度の大会(予定):
2020年9/26(土)〜9/27(日)
於 追手門学院大学 安威キャンパス

日本経営診断学会 関西部会 事務局
Eメール:kansai[at]shindangakkai.jp ([at]を @ に変えて下さい)

2020年度第1回九州部会のご案内(通算第57回)

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2020年度第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

九州部会長 片山 富弘

2020年度第1回九州部会の開催について

@研究報告の申込締切日は2020年1月17日(金)です。
A開催日時 2020年2月29日(土)13時30分開始予定
B開催場所 別府大学(別府市北石垣82)
C詳細については、後日、あらためてお知らせいたします。

研究報告申し込みや問い合わせなどは、以下までお願いいたします。

九州部会事務局 中川 隆
Email:takashi[at]nakamura-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)
電話:092−851−6983(直通)

(配信:2019年11月8日(金))

日本経営診断学会2020年度第1回(第252回)関東・東北部会

関東・東北部会各位

日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2020年度第1回(第252回)関東・東北部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2019年12月7日(土曜日)14:00-17:30
場所:
亜細亜大学5号館542教室(5階)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8

交通・アクセス

<交通・アクセス>
JR中央線
武蔵境駅北口下車
 ・徒歩:約12分(南門まで約1km)
 ・ムーバス:「境西循環」(約5分)、もしくは「境・東小金井線」(約3〜4分)
  どちらも、バス停「武蔵境駅北口」にて乗車、「亜細亜大学南門」にて下車(¥100)
東小金井駅北口下車
 ・ムーバス:「境・東小金井線(武蔵境駅行)」(約4〜5分)
  バス停「東小金井駅北口」にて乗車、「亜細亜大学南門」にて下車(¥100)

ムーバス時刻表
ムーバス時刻表

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40
<テーマ> 「感動体験に基づくビジネス戦略のデザイン」
<報告者> 石塚 隆男氏(亜細亜大学)

第2報告 14:50-15:30
<テーマ> 「インターネット社会におけるアジェンダ設定機能」
<報告者> 平安山 英成 氏(亜細亜大学)

第3報告15:40-16:20
<テーマ> 「サービス・リカバリーにおける期待−不一致モデルと補償 ―消費者の苦情満足と苦情不満足―」
<報告者> 仁平 京子 氏(千葉商科大学)

第4報告 16:30-17:10
<テーマ> 「スポーツ組織マネジメント診断のための一視座」
<報告者> 首藤 禎史 氏(大東文化大学)

部会後は、懇親会を予定しています。皆様さまのご参加をお待ちしております。
どうそよろしくお願いいたします。

主催校:亜細亜大学
担当理事:平安山英成(亜細亜大学)

*なお、先の“日本経営診断学会2020年度第6回(第252回)関東部会 報告者(発表者)募集のお知らせ”の際にお示しした本年度(2020年度)の部会開催日程と開催担当・場所に関して、若干の変更がございましたので、以下にその修正版を添付いたします。本関東・東北部会での発表をご希望される方は、この日程その他を参考に早めにお申し込みいただけると幸いです。

2020年年度関東部会開催予定表
開催日 開催機関 開催場所 担当理事
第1回(第252回) 2019年12月7日(土) 亜細亜大学 亜細亜大学 平安山英成
第2回(第253回) 2020年1月25日(土) 法政大学大学院 法政大学大学院 並木雄二
第3回(第254回) 2020年2月22日(土) 立教大学 立教大学 高岡美佳
第4回(第255回) 2020年4月11日(土) 中小企業診断士協会 中小企業会館(9階会議室) 吉本準一
第5回(第256回) 2020年6月20日(土) 東京都市大学 同大 等々力キャンパス 永江総宜
第6回(第257回) 2020年8月22日(土) 大東文化大学 大東文化大学 板橋キャンパス 首藤禎史

日本経営診断学会関東・東北部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


令和元年度日本経営診断学会北海道部会定期総会・第54回日本経営診断学会北海道部会研究発表会の開催について

日本経営診断学会 会員各位

お世話になっております。下記の要領で令和元年度定期総会・研究発表会を開催いたします。

今回ゲストにお招きするのは株式会社恒栄工業の上原社長です。同社は地場設備工事業にあって経常利益率10%以上という高収益を長年継続しています。研究発表会(講演)では同社の経営の秘密を特別に語っていただきます。


令和元年度日本経営診断学会北海道部会定期総会

日時
令和元年11月15日(金)18:00〜18:30
場所
小樽商科大学札幌サテライト 小講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階

第54回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時
令和元年11月15日(金)18:45〜19:35
場所
小樽商科大学札幌サテライト 小講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:45-18:50
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 伊藤友章氏)
18:50-19:40
講演
「高収益設備工事業のつくりかた」
報告者:上原伸也氏(株式会社恒栄工業 代表取締役)
19:45-
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 福沢康弘(y.fukuzawa1967[at]gmail.com [at]を @ に変えて下さい)
(しめきりは11/8です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4,000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2019年度 第6回(第251回)日本経営診断学会関東部会

関東部会各位

日本経営診断学会関東部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第6回(第251回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

*開催予定日時:
2019年9月6日(金)13:00〜*
*開催予定場所:
淑徳大学東京キャンパス5号館1階 5-2教室*
〒174-8631 東京都板橋区前野町6-36-4 TEL 03-3966-7631 (代表)

<交通・アクセス>
交通・アクセス

*【バスの場合】*
 - 東武東上線 ときわ台駅より、国際興業バスで約5分
  ときわ台駅北口「赤羽駅西口行」、「前野小学校」下車
 - JR線 赤羽駅より、国際興業バスで約15分

*【徒歩の場合】*
 - 東武東上線 ときわ台駅より、徒歩で約12分
 - 都営三田線 志村三丁目駅より、徒歩18分

*東京キャンパスまでの経路検索*
〈http://welcomenavi.jp/route/?access_key=azeSUTmg8rtAOkvf&landmarkcode=4&landmp=35/45/47.28,139/41/31.7〉

キャンパスマップ
キャンパスマップ

主催校:淑徳大学
担当理事:斉藤 保昭(元淑徳大学・明治大学兼任講師)E-mail:yasusait[at]meiji.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

*報告テーマおよび報告者:*

*第1報告13:30-14:10(質疑:14:00-14:10)*
<テーマ>「製品とサービスの失敗に対するリカバリー満足システムの構築−リカバリー志向型人材の育成−」
<報告者>仁平 京子 氏 (千葉商科大学)

*第2報告 14:20-15:00(質疑:14:50-15:00)*

<テーマ>
「経営者の現場感覚に学ぶアクティブ・ラーニング」
<報告者>
原田 尚彦 氏 (ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)

*第3報告 15:10-15:50(質疑:15:40-15:50)*
<テーマ>「士業独立開業者の類型化に関する考察−中小企業診断士を中心として−」
<報告者>川村 悟 氏(関西外国語大学)

*第4報告 16:00-16:40(質疑:16:30-16:40)*
<テーマ>「価値共創とリスクとの関わりに関する考察」
<報告者>石塚 隆男 氏(亜細亜大学)

*部会後は、懇親会を予定していますので、どうぞお気軽にご参加ください。

<連絡先>
斉藤 保昭(元淑徳大学・明治大学兼任講師)
E-mail:yasusait[at]]meiji.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
首藤 禎史


2019年度 第5回(第250回)日本経営診断学会関東部会

関東部会各位

日本経営診断学会関東部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第5回(第250回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2019年7月20日(土曜日)14:00-17:40(開場:13:40)
場所:
大東文化大学 板橋校舎3号館 30111教室
〒175-8571 東京都板橋区高島平1−9−1
地図

https://www.daito.ac.jp/access/itabashi.html
アクセス:
東武東上線
  • ・東武練馬(大東文化大学前)駅北口下車
     無料スクールバスで約7分(スクールバス乗り場まで徒歩5分)
    都営三田線
  • ・西台(大東文化大学前)駅西口下車 徒歩9分

主催校:茨城キリスト教大学
担当理事:田口尚史

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40(質疑:14:40-14:50)
<テーマ>「製造業におけるコンプライアンスと偽装防止」
<報告者>山崎康夫 氏(中部産業連盟)

第2報告 15:00-15:40(質疑:15:40-15:50)

<テーマ>
「多様化する在宅介護における価値創造マーケティングへの一考察:企業と介護事者、在宅介護者、要介護者の関わりを通じた介護の意味的有用性創造による新たな介護環境の構築を目指して」
<報告者>
市丸誠男 氏(市丸コンサルティング)

第3報告 16:00-16:40(質疑:16:40-16:50)
<テーマ>「サービス・ドミナント・ロジックにおける制度の概念について」
<報告者>齋藤典晃 氏(高千穂大学)

第4報告 17:00-17:40(質疑:17:40-17:50)
<テーマ>「市場とエコシステムに関する概念的考察」
<報告者>庄司真人 氏(高千穂大学)

*部会後は、懇親会を予定していますので、どうぞお気軽にご参加ください。

<連絡先>
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
首藤 禎史


日本経営診断学会 北海道部会 企業見学会の開催について

以下の通り企業見学会を開催いたします。
今年はIT分野でユニークな経営を行っている企業2社を見学します。

日時
9月4日(水) 10:10〜15:00(予定)

当日の行程

10:10
テレビ塔地下集合
10:30〜12:00
エコモット株式会社見学
12:30〜14:00
サッポロファクトリーにて昼食・休憩
サッポロビアケラーにてジンギスカンランチセット(1,000円。各自負担)
14:00〜15:00
株式会社インフィニットループ見学
15:00
解散予定

参加希望の方は福沢 y.fukuzawa1967[at]gmail.com([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください。
締め切りは8月30日(金)とします。

第190回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
令令和元年9月7日(土) 13時
2.場所:
京都私学会館 204会議室
京都市下京区室町通高辻上ル山王町561
TEL 075-344-6201 (地図を参照)
阪急電鉄「烏丸」または地下鉄「四条」下車
26番出口から「室町通り」を南へ徒歩約15分
京都私学会館

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「有価証券時価評価の会計学説研究」
研究報告者
木村 勝則(宮崎学園短期大学)
討論参加者
関野 賢 (近畿大学)
(2)
「中小製造業の新事業展開 −自社技術の活用を中心に−」
研究報告者
服部 繁一(大阪経済大学)
討論参加者
佐藤 俊一(大阪府中小企業診断協会)
(3)
「中小企業の経営革新に資する商工会議所の支援成果-経営指導員のサービス精神に着目して-」
研究報告者
矢嶋 聡 (法政大学大学院)
討論参加者
辻 一幸(京都友禅協同組合)
(4)
「観光診断に資する“ビッグデータ”研究の内外動向」
研究報告者
鈴木 英之(ファイン・アナリシス)
討論参加者
鴻 雅行(大阪府中小企業診断協会)
(5)
「診断事例を事例とした地域研究への連携(II)」
研究報告者
長谷川 路子(追手門学院大学)
稲福 善男 (名古屋外国語大学)
討論参加者
大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)

★本・次年度の部会(予定):12/14(土)・’20年3/14(土)

★本年度の大会9/28(土)〜29(日)(於高千穂大学)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai[at]shindangakkai.jp ([at]を @ に変えて下さい)

2019年度第3回九州部会のご案内(通算第56回)

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2019年度第3回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

九州部会長 片山富弘

  1. 開催日時 2019年8月24日(土)12時30分より受付
  2. 会場
     中村学園大学7号館2階会議室
     〒814-0198 福岡市城南区別府5-7-1
    問い合わせ先
     片山富弘 携帯:090-5836-8006 メール:katayama[at]nakamura-u.ac.jp
     ([at]を @ に変えて下さい)
  3. 報告 13時00分開始
    第1報告(13時00分〜13時40分 報告30分前後、質問10分前後)
     磯本光広氏 長崎ウエスレヤン大学
     テーマ「読解力を涵養するアクティビティとは―本学の実践を中心として―」

    第2報告(13時40分〜14時20分 報告30分前後、質問10分前後)
     片山富弘氏 中村学園大学
     テーマ「買物弱者への取組み支援の現状と対策〜九州の事例〜」

    休憩(14時20分〜14時30分)

    第3報告(14時30分〜15時10分 報告30分前後、質問10分前後)
     山田啓一氏 中村学園大学
     テーマ「コレクティブインパクトの理論と実際―フィリピンNGOの事例研究を通して」

    第4報告(15時10分〜16時00分 報告40分前後、質問10分前後)
     西崎信男氏 九州産業大学
     テーマ「英国プレミアシップ・ラグビーから観た日本のラグビートップリーグ〜地方創生の見地から〜」

    休憩(16時00分〜16時10分)

    第5報告(16時10分〜16時50分 報告30分前後、質問10分前後)
     吉武知美氏 株式会社ヒロインコンサルティング
     ゲストテーマ「企業規模別支援ニーズの違いと支援者側の課題」

    第6報告(16時50分〜17時30分 報告30分前後、質問10分前後)
     大谷友男・九州経済調査協会・ゲスト
     ゲストテーマ「九州地域における外国人労働者の動向」
  4. 懇親会

(2019年7月2日(火)配信)

第189回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
令和元年7月6日(土) 13時30分〜
2.場所:
大阪経済大学大隅キャンパス E館2階E-21教室
大阪市東淀川区大隅2-2-8 TEL06-6328-2431
  • 阪急京都線「上新庄」駅下車・東へ徒歩約15分
  • 地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」駅、徒歩約2分
  • 市バス「大阪経大前」「大経大正門」下車すぐ

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「西陣信用金庫の破綻要因分析」
研究報告者
石川 清英(大阪信用金庫)
討論参加者
西村 隆治(株式会社クレオテック)
(2)
「成長戦略とエンゲージメントが織り成すオンリーワン成功事例の考察」
研究報告者
淺津 光孝(浅津中小企業診断士・社労士事務所)
討論参加者
佐藤 俊一(大阪府中小企業診断協会)
(3)
「診断事例を事例とした地域研究への連携」
研究報告者
長谷川 路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
討論参加者
小林 正和(福山大学)
(4)
「地域活性化を対象とした調査・診断事例の横断的研究 -全国市部調査計画について-」
研究メンバー
稲福 善男(代表)/辻 一幸(提起者)

★本・次年度の部会(予定):9/7(土)・12/14(土)

★本年度の大会9/28(土)〜29(日) 於高千穂大学

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai[at]shindangakkai.jp ([at]を @ に変えて下さい)

2019年度日本経営診断学会中部部会研究発表会のご案内

日本経営診断学会
中部部会所属会員 各位

2019年度日本経営診断学会中部部会研究発表会に関してお知らせいたします。今年度もたくさんの応募をありがとうございました。添付資料の要領で開催しますので、ご案内申し上げます。ぜひご参加下さい。

部会終了後には懇親会も開催されます。懇親会に参加される方はそれぞれの研究発表会の1週間前までに、懇親会に参加する旨を下記の連絡先にお知らせください。

連絡先:日本経営診断学会中部部会事務局
吉成 亮 愛知工業大学 経営学部
yoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)

また部会の開催に関してご意見、ご要望がございましたら、お手数をおかけしますが、下記までご連絡いただければ助かります。

なお最新の情報は下記の部会HPで更新いたします。ぜひご覧ください。
日本経営診断学会 中部部会 - オフィシャルサイト
http://se.web.nitech.ac.jp/shindangakkai/


日本経営診断学会第66回中部部会研究発表会

概要
日時:2019年8月31日(土)14時00分〜17時00分、参加費無料、懇親会費3000円
会場:愛知工業大学(本山キャンパス 多目的室A,B(2F))

テーマ及び発表者:

  1. 「ダイバーシティ(Diversity&Inclusion)推進企業の事例研究」
    チョチョウィン(愛知工業大学(大学院))、加藤 里美 (愛知工業大学)
  2. 「製造現場IT化におけるIT要員のスキルとその教育・訓練の課題」
    早馬 真一(愛知工業大学(大学院))、近藤 高司(愛知工業大学)、田村 隆善 (愛知工業大学)
  3. 「特許情報を活用した潜在的市場の探索に向けた手法の検討」
    羽田 裕 (愛知工業大学)、後藤 時政(愛知工業大学)、羽田野 泰彦(名古屋産業科学研究所中部TLO)
  4. 「家族見守りによる介護予防支援情報システムの構築における課題」
    永井 昌寛(愛知県立大学)、後藤 時政 (愛知工業大学)、横山 淳一 (名古屋工業大学)、藤原奈佳子(人間環境大学)
  5. 「企業規模でみた不動産企業の財務指標の特徴」
    田村 隆善 (愛知工業大学)、魏 興福 (玉林師範学院)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります。

会場アクセス方法:地下鉄東山線「本山駅」で下車、徒歩 1分。
大学へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
http://www.ait.ac.jp/access/motoyama/
愛知工業大学本山キャンパス
〒464-0807 名古屋市千種区東山通1-38-1
TEL:052-789-1381

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


日本経営診断学会第65回中部部会研究発表会

概要
日時:2019年8月17日(土)14時00分〜17時00分、参加費無料、懇親会費3000円
会場:じゅうろくプラザ 研修室1

テーマ及び発表者:

  1. 「ファミリー・ビジネスの付加価値」
    吉成 亮 (愛知工業大学)
  2. 「セントレアを経由するリニア中央新幹線の建設に関する一考察」
    小島 貢利 (名古屋工業大学)
  3. 「中小企業の知財戦略事例研究−知財ミックスとオープン・クローズ戦略−」
    後藤 時政 (愛知工業大学)、羽田 裕 (愛知工業大学)、永井 昌寛(愛知県立大学)、小川 宏二(株式会社五合)
  4. 「財務データから推定するJITの効果」
    田村 隆善(愛知工業大学)
  5. 「株式型クラウドファンディングの活用方法」
    村橋 剛史(朝日大学)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります。

会場アクセス方法:JR 岐阜駅隣接、徒歩約2分
アクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
http://plaza-gifu.jp/access/
じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)
〒500-8856 岐阜市橋本町1丁目10番地11
TEL:058-262-0150(代)

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


日本経営診断学会第64回中部部会研究発表会

概要
日時:2019年7月27日(土)14時00分〜17時00分、参加費無料、懇親会費3000円
会場:名古屋工業大学 2号館B棟711B(会議室)

テーマ及び発表者:

  1. 「訪問看護ステーションが抱える課題の構造分析」
    佐野 恭佑 (名古屋工業大学(大学院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  2. 「学生生活実態調査における結果のフィードバックと学生の関心との関係性」
    横山 信仁(名古屋工業大学(大学院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  3. 「税務ガバナンス構築に内部統制がはたす役割―内部統制環境の視点から―」
    飯田 哲也(関西学院大学(大学院))
  4. 「医師と看護師の意識調査から見る病院の建築計画の課題」
    亀谷 佳保里 (名古屋工業大学(大学院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  5. 「事業実施主体の特徴に着目した地域・職域連携の推進要因分析」
    横山 淳一 (名古屋工業大学)、柴田 英治(愛知医科大学)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります。

会場アクセス方法:中央本線 鶴舞駅、徒歩7分・地下鉄鶴舞線鶴舞駅、徒歩10分
名古屋工業大学へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
https://www.nitech.ac.jp/access/
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


2019年度第2回九州部会のご案内(通算第55回)

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2019年度第2回九州部会を下記の要領で開催します。
第3回九州部会につきましては、後日、あらためてお知らせいたします。
会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

九州部会長 片山富弘

  1. 開催日時 2019年7月20日(土)12時30分より受付
  2. 会場
     中村学園大学4号館2階会議室
     〒814-0198 福岡市城南区別府5-7-1
    問い合わせ先
     中川 隆 携帯:090-7539-9897 メール:takashi[at]nakamura-u.ac.jp
     ([at]を @ に変えて下さい)
  3. 報告 13時00分開始
    第1報告(13時00分〜13時40分 報告30分前後、質問10分前後)
     中川 隆氏 中村学園大学
     テーマ「家族農業経営における世代間連携と地域農業振興」

    第2報告(13時40分〜14時20分 報告30分前後、質問10分前後)
     村上真理氏 九州国際大学
     テーマ「相互作用による価値創造に関する一考察〜理美容業のジョイント領域に注目して〜」

    休憩(14時20分〜14時30分)

    第3報告(14時30分〜15時10分 報告30分前後、質問10分前後)
     芦原直哉氏 大手前大学
     テーマ「大学経営のマーケティング戦略」

    第4報告(15時10分〜16時00分 報告40分前後、質問10分前後)
     石井健太郎氏 うきは市ブランド推進課
     ゲストテーマ「うきは市の地方創生」

    休憩(16時00分〜16時10分)

    第5報告(16時10分〜17時00分 報告40分前後、質問10分前後)
     伊東正寿・ITOU企画・ゲスト
     ゲストテーマ「6次産業化の現状と課題〜販売チャネルと新ライフスタイルマーケティング〜」
  4. 総会(17時00分〜17時20分)
  5. 懇親会(17時30分開始予定)

第53回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時
令和元年6月14日(金)18:00〜19:45
場所
小樽商科大学札幌サテライト中講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会北海道部会長 伊藤友章氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「中小企業のM&Aにおける譲渡側経営者の心情の考察」
報告者:北原慎一郎氏(一般社団法人中小企業診断協会北海道)
18:55-19:45
講演(講演・質疑含め50分)
「SDG’sと経営戦略〜これからの企業経営のありかた」
清水誓幸氏(株式会社北翔代表取締役)
20:00
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 福沢康弘(y.fukuzawa1967[at]gmail.com [at]を @ に変えて下さい)
(〆きりは6/7です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000~5000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2019年度 第4回(第249回)日本経営診断学会関東部会

関東部会各位

日本経営診断学会関東部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第4回(第249回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

【日時】
5月11日(土) 13:30〜17:00 (13:00開場)
【場所】
法政大学 市ヶ谷キャンパス 大内山校舎4階 Y402教室
【所在地】
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-3-9
TEL: 03-3264-4341 FAX: 03-3264-3990

<アクセス>
[総武線・中央線] 市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
[東京メトロ] [都営新宿線] 市ヶ谷駅下車徒歩10分
*≪キャンパスマップ≫*
地図

富士見校地
(1)大内山校舎<学務部[1F]、グローバル教育センター[2F]、通信教育部[3F]>
(2)富士見ゲート<売店[B1F]、食堂[3F]>
(3)80年館<図書館[B4〜2F]>
(4)外濠校舎<学生センター[1F]、キャリアセンター[2F]>
(5)ボアソナード・タワー<食堂[B1F]、入学センター[1、2F]、診療所[2F]>
(6)守衛所(市ケ谷門横)
(7)富士見坂校舎
(8)市ケ谷総合体育館
(9)市ヶ谷田町校舎<デザイン工学部、デザイン工学研究科、事務室>
(10)連帯社会研究交流センター(八重洲市谷ビル5F)、連帯社会インスティテュート(同5・7F)
(11)新見附校舎
(12)大学院棟
(13)法科大学院棟
(14)新一口坂校舎
(15)一口坂校舎
(16)九段校舎<環境センター[3F]>、九段校舎別館

*報告テーマおよび報告者:*

第1報告 13:30〜14:10(質疑14:00-14:10)
<テーマ> 「地方病院グループの財務分析」
<報告者>山口由二 氏 (大東文化大学)

第2報告 14:20〜15:00(質疑 14:50-15:00)
<テーマ>「マーケティングにおける環境要因と資源配分の関連−価値共創の戦略的活用法試論−」
<報告者> 有馬賢治 氏(立教大学)

第3報告 15:20〜16:00(質疑 15:50 -16:00)
<テーマ> 「コンサルタント独立開業のリスクとリターン」
<報告者> 日沖 健 氏(日沖コンサルティング事務所)

第4報告 16:10〜16:50(質疑 16:40-16:50)
<テーマ> 「事業承継のタスクとスキル」
<報告者> 野口 正 氏(中小企業診断協会)

主催:中小企業診断協会
担当理事:吉本準一 氏

*部会後は、懇親会を予定していますので、どうぞお気軽にご参加ください。

<連絡先>
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
首藤 禎史


2019年度 第3回(第248回)日本経営診断学会関東部会

関東部会各位

日本経営診断学会関東部会長
大東文化大学経営学部
首藤禎史

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第3回(第248回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2019年3月23日(土曜日)14:00-17:50(開場は13:40となります)
場所:
法政大学経営大学院 一口坂校舎1階101教室
所在地:
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-3-9
TEL:03-3264-4341 FAX:03-3264-3990
<アクセス>
[総武線・中央線] 市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
[東京メトロ] [都営新宿線] 市ヶ谷駅下車徒歩10分
地図
主催校:
法政大学
担当理事:
並木雄二

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40(質疑14:40-14:50)
<テーマ> 「流通業界の新潮流と伝統的流通業の可能性―配達販売業の診断と活用―」
<報告者> 並木雄二 氏(法政大学)

第2報告 15:00-15:40(質疑15:40-15:50)
<テーマ>「知財マネジメントとしての植物品種の「クラブ制」
<報告者> 櫻谷満一氏 (高知工科大学大学院工学研究科、一般財団法人知的財産研究教育財団知的財産管理技能士会研究会 研究員)

第3報告16:00-16:40(質疑16:40-16:50)
<テーマ> 「CVS等における手荷物預かりサービス展開の可能性について」
<報告者> 宮本博文氏(中小企業診断士)

第4報告17:00-17:40(質疑17:40-17:50)
<テーマ> 「地域の中小企業のための「デザイン×経営」プロデュ−ス研究」
〜地域の中小企業で実践する無形のデザイン活動〜
<報告者> 木村健一氏 並木雄二 氏(法政大学)

*部会後は、懇親会を予定していますので、どうぞお気軽にご参加ください。

<連絡先>
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


第188回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

  1. 日時:平成31年3月23日(土)13時30分〜
  2. 場所:関西福祉科学大学 大学2号館403教室
       柏原市旭ケ丘3-11-1 TEL072-978-0676
       近鉄大阪線「河内国分」駅から川沿いに南へ徒歩約15分
  3. 研究報告の論題・報告者および討論参加者

<研究報告>

(1)
「地域水産加工業者のイノベーションについて」
主研究報告者
藤井 一郎(四国大学)
副研究報告者
三谷 利恵(あさいとコンサルティング)
討論参加者
佐藤 俊一(中小企業診断協会)

<共同プロジェクト研究報告−共同PT研究会を兼ねて−>

(2)
「わが国における在留外国人並びに当該労働者の動静と地方創生」
報告・提起者
大橋 正彦(持続可能マーケティング戦略研究所)
(3)
「地域研究・比較、関係づけのための準備的研究」
研究報告者
長谷川路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
(4)
「地域活性化を対象とした調査・診断事例の横断的研究 -全国の市部商工会に対する調査概要案-」
研究代表
稲福 善男(名古屋外国語大学) 
提起者
辻 一幸(京都友禅協同組合)

★本年の部会(予定):7/6(土)・9/7(土)・12/14(土)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai[at]shindangakkai.jp ([at]を @ に変えて下さい)

第52回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時
平成31年3月15日(金)18:00〜19:45
場所
小樽商科大学札幌サテライト中講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会北海道部会長 伊藤友章氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「文化的知性における動機の位置づけ及び要素間の相互作用に関する一考察」
報告者:曽我寛人氏(釧路公立大学)
18:55-19:45
講演(講演・質疑含め50分)
「事業承継から事業売却へ 〜経営者の決断〜」
大谷聖二氏(株式会社札幌キャリアサポート 会長)
20:00
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 福沢康弘(y.fukuzawa1967[at]gmail.com [at]を @ に変えて下さい)
(〆きりは3/9です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000~5000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2019年度第1回九州部会のご案内(通算第54回)

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2019年度第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

九州部会長 片山富弘

  1. 開催日時 2019年2月23日(土)13時より受付
  2. 会場
     別府大学39号館3階3932教室(添付の地図を参照して下さい)
      〒874-8501 大分県別府市北石垣82
     問い合わせ先
      是永逸郎 携帯:090-3822-0224 メール:kore[at]nm.beppu-u.ac.jp
      中川 隆 携帯:090-7539-9897 メール:takashi[at]nakamura-u.ac.jp
      ([at]を @ に変えて下さい)
  3. 報告 13時30分開始
    第1報告(13時30分〜14時10分 報告30分前後、質問10分前後)
     片山富弘氏 中村学園大学
     テーマ「SWOT分析の有効性について」

    第2報告(14時10分〜14時50分 報告30分前後、質問10分前後)
     礒本光広氏 長崎ウエスレヤン大学
     テーマ「財務会計ソフトと行列簿記」

    休憩(14時50分〜15時00分)

    第3報告(15時00分〜15時40分 報告30分前後、質問10分前後)
     岸川公紀氏 中村学園大学
     テーマ「包括利益計算書の有益性に関する一考察―その他包括利益に焦点をあてて―」

    第4報告(15時40分〜16時40分 報告45分前後、質問15分前後)
     中山昭則氏 別府大学
     ゲストテーマ「学生を主体とした地域連携の取り組み事例〜一研究室における産学、官学連携事業〜」
  4. 総会(16時50分〜17時10分)
  5. 懇親会(17時30分開始予定)
    会場 焼き鳥 さむらい(別府市中須賀元町5-1 TEL 0977-66-3406)
    会費 3,000円
別府大学構内地図

2019年度 第2回(第247回)日本経営診断学会関東部会

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第2回(第247回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2019年2月23日(土曜日)14:00-17:50(開場は13:40となります)
場所:
明治大学駿河台校舎アカデミーコモン9階309F教室(リバティータワーではございませんのでご注意ください)
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1(TEL 03-3296-4545)
アクセス:
■JR中央線・総武線/御茶ノ水駅(駅番号:JC03・JB18)下車徒歩約3分
■東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅(駅番号:M20)下車徒歩約3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅(駅番号:C12)下車徒歩約5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅(駅番号:I10・S06・Z07)下車徒歩約5分
主催校:
明治大学
担当理事:
福田康典

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40(質疑14:40-14:50)
<テーマ>「中小・小規模企業における顧客満足(CS)データの戦略的活用」
<報告者> 梅津充幸 氏(中小企業診断士)吉野 睦 氏(アダムスコミュニケーション)

第2報告 15:00-15:40(質疑15:40-15:50)
<テーマ>「低炭素化と資源制約の問題の同時解決に資する新しい環境・社会の指標 エメルギー(eMergy)の概要」
<報告者> 武田彰夫 氏(株式会社MIC武田技術士事務所)

第3報告16:00-16:40(質疑16:40-16:50)
<テーマ>「共同体が螺旋進化する仕組み−『海のグレートジャーニー』(関野吉晴)・『武蔵野市のまちづくり』(辻朋子)を事例に考える−」(仮題)
<報告者> 辻朋 子 氏(亜細亜大学非常勤講師/中小企業診断士)

第4報告17:00-17:40(質疑17:40-17:50)
<テーマ>「資源統合の観点からの地域マーケティングの展開 ― 地域住民のコミュニティ意識とゴミ減量行動 ―」
<報告者> 高橋昭夫 氏(明治大学)

*部会後は、懇親会を予定していますので、どうぞお気軽にご参加ください。

<連絡先>
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


第187回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

 下記のとおり、日本経営診断学会関西部会における12月度例会、第187回関西部会の開催をご案内致します。宜しくお願い申し上げます。

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール: kansai[at]shindangakkai.jp([at]を @ に変えて下さい)

  1. 日時:平成30年12月15日(土)13時〜
  2. 場所:立命館大学 大阪茨木キャンパス A棟4階セミナールーム AN411教室
    茨木市岩倉町2-150  TEL072-665-2020  
    JR東海道本線「茨木」駅下車 西方向へ徒歩約7分
  3. 研究報告の論題・報告者および討論参加者

<大学院生研究報告>

(1)
「外部構造が顧客満足に与える影響について -歯科医院の経営に関する一考察-」
研究報告者
高比良一輝(四国大学大学院)
藤井 一郎(四国大学)
討論参加者
西村 隆治(株式会社クレオテック)

<自由論題研究報告>

(2)
「商工会議所のインターナルマーケティング -経営指導員への実証調査-」
研究報告者
矢嶋 聡 (大津商工会議所)
討論参加者
辻  一幸(京都友禅協同組合)
(3)
「各種テストを用いた基礎学力の検証」
研究報告者
礒本 光広(長崎ウエスレヤン大学)
討論参加者
鈴木 英之(合同会社ファイン・アナリシス)

<企業事例・経営診断事例報告>

(4)
「生産性向上の支援訓練事例」
研究報告者
佐藤 俊一(中小企業診断協会)
討論参加者
淺津 光孝(淺津中小企業診断士・社労士事務所)
(5)
「地場産業の縮小と変容に関する一考察 -兵庫県三木金物産地の事例-」
研究報告者
鴻 雅行(オオトリ経営事務所)
討論参加者
濱田 恵三(流通科学大学)

<自由論題研究報告>

(6)
「住民の地域貢献への参加意識と行動に関する研究」(中間報告)
研究報告者
長谷川路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
討論参加者
大橋 正彦(サステナブルマーケティング戦略研究所)

<当関西部会共同プロジェクト研究提起>

(6)
「地域活性化を対象とした調査・診断事例の横断的研究 -全国の市部商工会を対象とした地域活性化事業に係る追加調査結果を含めた調査・診断事例の横断的研究-」
研究メンバー
稲福 善男(代表)/○辻 一幸/西村 隆治/鈴木 英之/長谷川路子/ 吉田 初恵/松原 茂仁/鴻 雅行/小林 正和/
西村 聡/椿本 晃久/佐藤 俊一/濱田 恵三/大橋 正彦(上記○:提起者)

★今後の部会予定:2019年3/23(土)・7/6(土) ・9/7(土)

以上

2019年度第1回九州部会のご案内(通算第54回)

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2019年度第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

九州部会長 片山富弘

2019年度第1回九州部会の開催について
@研究報告の申込締切日は2019年1月18日(金)です。
A開催日時 2019年2月23日(土)午後1時30分開始予定
B開催場所 別府大学(別府市)
C詳細については、後日、あらためてお知らせいたします。

なお、第2回九州部会は7月頃に中村学園大学で、第3回九州部会は8月頃に福岡市の久留米大学サテライトにて開催予定です。

研究報告申し込みや問い合わせなどは、以下までお願いいたします。

九州部会事務局 中川隆
Email:takashi[at]nakamura-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)
電話:092−851−6983(直通)(配信:2018年11月16日(金))

2019年度 第1回(第246回)日本経営診断学会関東部会

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第1回(第246回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2018年12月1日(土曜日)14:00-17:30
場所:
大東文化大学板橋校舎3号館30111教室
〒175-8571 東京都板橋区高島平1−9−1

大東文化大学アクセスマップ

東武東上線
 ・東武練馬(大東文化大学前)駅北口下車
  無料スクールバスで約7分(スクールバス乗り場まで徒歩5分)
都営三田線
 ・西台(大東文化大学前)駅西口下車 徒歩9分
主催校:
大東文化大学
担当理事:
首藤禎史

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40
<テーマ> 「事例研究:消臭・芳香製品---革新的発展と事業の定義」
<報告者> 坪井 明彦 氏(高崎経済大学)

第2報告 14:50-15:30
<テーマ> 「現代アメリカ小売業の動向観察による小売ビジネスにおける現代的パラダイムシフトとその課題―経営診断への示唆―」
<報告者> 首藤 禎史 氏(大東文化大学)

第3報告15:40-16:20
<テーマ> 「事例研究:2 in 1PC ---ドミナントデザインと競争局面の転換」
<報告者> 二瓶 喜博 氏(亜細亜大学名誉教授)

第4報告 16:30-17:10
<テーマ>「データから学ぶ中小企業診断士の歩き方」
<報告者> 野口 正 氏(中小企業診断協会)

部会後は、懇親会を予定しています。
なお、本部会から関東部会の運営・お世話は、新しく本年度から本職を拝命いたしました大東文化大学経営学部の首藤禎史が担当させていただきます。どうそよろしくお願いいたします。

日本経営診断学会関東部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


平成30年度 日本経営診断学会東北部会研究発表会

日時
2018年11月10日(土曜日)14:00〜16:50
場所
いわて県民情報交流センター(岩手県立大学アイーナキャンパス)7階 学習室1
協賛
一般社団法人岩手県中小企業診断士協会
開会の挨拶
14:00-14:05(宮 健 日本経営診断学会理事・東北部会長)

テーマ及び発表者

■基調講演 14:05-15:00
㈱情報システム研究所 社長  金澤 闊朗 様
テーマ:進化する『元気のでるシステム』

 (休憩 15:00-15:10)

■自由論題 15:10-16:30 (1,2.発表15分、質疑5分)(3.発表30分、質疑10分)

  1. 1.岩手県立大学  木村 将也
     テーマ:運転代行業務を対象とした配車計画システムの提案
  2. 2.岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科  中田 恵史
     テーマ:Wi-Fiプローブ要求を利用した行動分析システムの提案
  3. 3.青森中央学院大学 教授  井口 義久
     テーマ:見積財務諸表と目標利益率ROE*設定に関する一考察

講評 16:30-16:40
(岩手県立大学ソフトウェア情報学部 准教授  堀川 三好)
閉会の挨拶 16:40-16:50
(岩手県中小企業診断士協会・岩手県立大学 名誉教授  菅原 光政)

日本経営診断学会 北海道部会 企業見学会の開催について

日本経営診断学会 北海道部会 会員各位

お世話になっております。
日頃より部会活動に御協力を賜り、御礼申し上げます。

さて、下記のとおり、11月17日(土)に企業見学会を行います。
当日は定期総会及び報告会の次の日ですが、多くの会員の参加をお待ちしております。
参加希望の方は、11月10日(土)までに今野まで御連絡下さい(参加の場合のみ)。

なお、先方から予め質問内容を知らせてほしい旨の連絡をいただいております。
当日、質問がある方は、質問内容も明記してください。

------------------------------------------------------------------
(当日のテーマと予定)
狸小路商店街の今を知る:狸小路商店街の現状と課題

09:55 札幌狸小路商店街振興組合(場所は下記の注を参照)がある札専会館1Fに集合
10:00 札専会館6Fの組合事務所を訪問し,理事・会長 菊池 恒様に挨拶
10:15〜11:00 菊池会長に御同行いただき,商店街の見学
11:00〜(最大1H程度) 札幌狸小路商店街振興組合事務局にて質疑

注)
札幌狸小路商店街振興組合(札専会館6F)の場所は以下のとおり
札幌狸小路商店街振興組合:〒060-0062 札幌市中央区南2条西2丁目13番地
〈https://maps.google.com/?q=060-0062+%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5
%8C%BA%E5%8D%97%EF%BC%92%E6%9D%A1%E8%A5%BF%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%E
F%BC%93%E7%95%AA%E5%9C%B0&entry=gmail&source=g〉

-------------------------------------------------------------------

平成30年度日本経営診断学会 北海道部会 定期総会

日時:
平成30年11月16日(金)18:00〜18:30
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 小講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階

第51回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時:
平成30年11月16日(金)18:45〜19:30
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 小講義室
(札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階)
18:45-18:50
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長)
18:50-19:30
発表(発表30分、質疑10分)
「小規模店舗の新規出店マーケティングと実務」
報告者:小倉良一氏(合同会社 モグライト)
19:45‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは11/10です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2018年度 第6回(第245回)日本経営診断学会関東部会

第245回(2018年度第6回)日本経営診断学会関東部会 特別セッションを開催いたします。ご参加ください。

テーマ:
「活躍する中小企業診断士」
日時:
平成30年9月22日(土)13:00-17:40
場所:
法政大学市ヶ谷キャンパス
外濠校舎7階:S407教室
東京都千代田区富士見2-17-1
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

当企画は非会員にも公開しておりますので、無料で参加できます。
どなた様もご関心あればお気軽にご参加ください。

<開催趣旨>
中小企業診断士資格を取得してもプロコンとして独立開業して活動することが難しい現状において、中小企業診断士がいかに活躍できるのか、独立開業していくための要件は何かを考えます。

13:00
開会
13:05-13:55
鈴木宣二氏
中小企業診断士、社会保険労務士、技術士の複数資格ホルダー

<中小企業診断士資格のメリットと課題>
①ISO9001,ISO14001自己適合宣言の審査
②IT導入による生産性向上の支援
③静岡県よろず支援拠点での相談 など
14:00-14:50
藤井春雄氏
トヨタの手法を人事管理まで広げた診断業務が評価を得ている

<中小企業診断士の課題>
①専門領域拡大のための研究方法(東海経営支援センターでの7グループ研究会事例)
②強みの深化…トヨタ生産方式指導事例
③診断士としての人間力向上の重要性
14:55-15:45
平井彩子氏
(一社)中小企業診断協会会員
独立系ソフトウエア開発会社でプロジェクトマネージャ、中小企業向け経営改善をメインとするコンサルティング会社を経て、2012年平井彩子事務所を設立し、コンサルタントとして独立。
15:55-17:35
ディスカッション
コーディネーター 吉本準一理事(中小企業診断士)

プロコンとして活躍する中小企業診断士から、どのように独立して診断業務を軌道にのせたのかなど、それぞれの工夫や考え方のお話を受けて、当ディスカッションの中から日本経営診断学会として今後のあり方を考えます。具体的には、
①中小企業診断士の学会員に何を提供できるのか
②学会と実務をどのようにつなぐことができるのか
③理論と実践の双方にメリットを生み出すしくみをどのように構築するかについて議論をいたします。
17:35
閉会

<お問い合わせ先>
日本経営診断学会関東部会長 酒井 理(法政大学)
sakai[at]hosei.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)


2018年第5回(第244回)JMDA関東部会

2018年度 第5回(第244回)日本経営診断学会関東部会を下記の通り開催いたします。
お気軽にご参加ください。

日時:
2018年9月8日(土曜日)15:00-17:10
場所:
法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎7階:S407教室
東京都千代田区富士見2-17-1
総武線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
都営新宿線:市ヶ谷駅下車徒歩10分、都営大江戸線:飯田橋駅下車徒歩10分
東京メトロ有楽町線、南北線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
東京メトロ東西線:飯田橋駅徒歩10分
主催校:
法政大学 担当理事:酒井理(法政大学)

第1報告15:00-15:30
<テーマ> エンゲージメント・マーケティングにむけて ―エンゲージメント・イニシアチブのための示唆―
<報告者> 神田正樹(明治大学大学院)

第2報告15:40-16:10
<テーマ> バランスト・スコアカード(BSC)によるCSVの実践―ステークホルダー・アプローチの観点から―
<報告者> 中村雄貴(大東文化大学大学院)

第3報告16:20-17:10
<テーマ> 消費者情報の共有と倫理:倫理的な情報共有に向けた企業診断基準の探索的考察
<報告者> 福田康典(明治大学)


第186回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
平成30年9月8日(土) 13時〜17時
2.場所:
京都私学会館 204会議室
京都市下京区室町通高辻上ル山王町561
TEL 075-344-6201
阪急電鉄「烏丸」または地下鉄「四条」下車
26番出口から「室町通り」を南へ徒歩約15分

京都私学会館

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「仮想通貨ブロックチェーンにおける簿記会計学税務的考察」
研究報告者 木村 勝則(木村勝則税理士ITコーディネータ事務所)
討論参加者 大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)
(2)
「中山間地域の農業経営における6次化事業のマーケティング診断
-広島県東広島市の米粉パン店舗を素材として-」
研究報告者 大室 健治(農研機構西日本農業研究センター)
討論参加者 松原 茂仁(関西国際大学)
(3)
「フィデューシャリー・デューティと信頼される経営」
研究報告者 井上 善博(神戸学院大学)
討論参加者 大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)
(4)
「地方創生とまちづくり診断−地域経営からみた地方創生の序論的考察−」
研究報告者 濱田 恵三(流通科学大学)
討論参加者 鴻 雅行(オオトリ経営事務所)

★今後の部会予定:12/15(土)・’19年3/23(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)(於中村学園大学)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

第50回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時:
平成30年9月14日(金)18:00〜19:15
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 大講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 今野喜文)
18:05-18:35
発表(発表20分、質疑10分)
「外国人従業員の日本企業への定着率向上に向けてー在職中のフォローの在り方―」
報告者:于 宏宇・湯川恵子(神奈川大学大学院)
18:45-19:15
発表(発表20分、質疑10分)
「自由度の高い雇用条件を実現した電動移動車両による地域交通事業の運用可能性」
報告者:菅原啓太・須田孝徳・石川愛弓・大橋智志・長谷川聡・松尾優子(苫小牧工業高等専門学校)
19:30‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは9月7日です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000円〜5000円を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前々日までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2018年第4回(第243回)JMDA関東部会

2018年度第4回(第243回)JMDA関東部会を下記の日程で開催いたします!

日時:
2018年7月14日(土曜日)13:30-16:25
場所:
明治大学駿河台キャンパスリバティタワー:1086教室・1087教室(8階)
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1
周辺駅からのアクセス:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
キャンパス内の建物:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅下車徒歩約3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅下車徒歩約5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅下車徒歩約5分
主催校:
亜細亜大学 担当:平安山英成理事

プログラム
<第1会場> 1086教室 司会:仁平 京子(千葉商科大学)

第1報告13:30-14:10
テーマ:欧米・中国で研究がすすむ新しい持続可能性の指標−エメルギーの概要と経営診断への利用可能性−
報告者:武田 彰夫(株式会社MIC武田技術士事務所)

第2報告14:15-14:55
テーマ:ネガティブな顧客体験を顧客満足に変える−苦情行動のリカバリー・パラドックス−
報告者:仁平 京子(千葉商科大学)

第3報告15:00-15:40
テーマ:経営の実践力を育むアクティブ・ラーニング−サクセスプロジェクトにおける教育の成果と課題−
報告者:石見 泰介、原田 尚彦、内村 和満(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)

第4報告15:45-16:25
テーマ:中小企業診断士の独立に関する考察−2016年の統計を中心に−
報告者:川村 悟(関西外国語大学)

<第2会場> 1087教室 司会:平安山 英成(亜細亜大学)

第1報告13:30-14:10
テーマ:サービスの分類と資源統合
報告者:齋藤 典晃(前橋国際大学)

第2報告14:15-14:55
テーマ:マスメディア広告のアジェンダ設定機能とフレーミングに関する考察
報告者:平安山 英成(亜細亜大学)

第3報告15:00-15:40
テーマ:ヘルスケア・サービスの受益者と価値共創
報告者:金澤 敦史(愛知学院大学)

第4報告15:45-16:25
テーマ:同族企業は本当に優れているのか?
報告者:日沖 健(日沖コンサルティング事務所)


2018年度第4回九州部会のご案内(通算第53回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

2018年度第4回九州部会を以下の要領で開催します。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

1.開催日時 2018年8月4日(土)12:30より受付

2.会場等

 中村学園大学

  〒814−0198
福岡市城南区別府5−7−1
4号館・2階会議室

 問合先

  片山富弘先生
携帯:090−5836−8006  メール:katayama[at]nakamura-u.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)
  石内孔治
携帯:080−5206−4721  メール:ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始

 第1報告(13時30分〜14時30分 報告45分前後、質問15分前後)
村上真理氏 九州国際大学
テーマ「診断対象としての観光資源 〜馬場の一本桜の事例研究〜」

 第2報告(14時35分〜15時35分 報告45分前後、質問15分前後)

山本公平氏 広島経済大学
テーマ「ベトナムにおける日本語学校の類型化に関する一考察」

 休憩(15時35分〜15時50分)

 第3報告(15時50分〜16時50分 報告45分前後、質問15分前後)

石内孔治氏 日本経済大学
テーマ「経営診断の理論と実践の融合−資金性診断の理論と実践の融合を中心として−」

4.懇親会(18時 開始予定)
会費 3,000程度

以上
2018(平成30)年6月16日
九州部会長 石内孔治

日本経営診断学会第63回中部部会研究発表会

概要
日時:平成30年9月1日(金)14時00分〜17時20分、会費3000円
会場:静岡市産学交流センター6F(演習室4)

テーマ及び発表者:

  1. 「住宅開発・分譲を事業の柱とする中国不動産企業の収益性分析」
    魏 興福 (玉林師範学院)、田村 隆善 (愛知工業大学) 許進桀(玉林師範学院)
  2. 「ファミリービジネスのアイデンティティ」
    吉成 亮 (愛知工業大学)
  3. 「JIT視点による原子力発電の有効性に関する一考察」
    小島 貢利 (名古屋工業大学)、田村 隆善 (愛知工業大学)
  4. 「愛知県におけるジェンダー・ダイバーシティの課題(2)」
    加藤 里美 (愛知工業大学)、澤井 香奈 (愛知工業大学(院))、樋口貴子(株式会社キャリアデザイン)、伊藤 直美 (愛知工業大学キャリアセンター)
  5. 「日本の上場不動産企業の事業構造と収益性」
    田村 隆善 (愛知工業大学)、魏 興福 (愛知工業大学) 、小島 貢利 (名古屋工業大学)
  6. 「事業承継に係る課題と問題点について―経営者保証に関するガイドラインの適切な見直しの必要性を検証―」
    大石 育三 (静岡県中小企業診断士協会)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります

会場アクセス方法:
JR静岡駅から徒歩5分
施設へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
https://www.b-nest.jp/map.html
静岡市産学交流センター
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21ペガサート6階

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


日本経営診断学会第62回中部部会研究発表会

概要
日時:平成30年8月18日(土)14時00分〜17時20分、会費3000円
会場:愛知工業大学(本山キャンパス 多目的室A,B(2F))

テーマ及び発表者:

  1. 「トヨタにおける「システム」と「仕組み」の関係性に関する研究(仮題)」
    韓 三澤 (KR2 経営研究所)
  2. 「広島圏域自動車産業における産学官連携モデル―多層構造による中小企業支援―」
    羽田 裕 (愛知工業大学)
  3. 「成熟社会における新製品開発に関する一考察―名古屋圏の車いす産業を事例として―」
    宇佐見 信一(名古屋市立大学・中小企業診断士)
  4. 「開放型特許活用診断システムにおける診断パラメータの開発」
    後藤 時政 (愛知工業大学)、羽田 裕 (愛知工業大学)、永井 昌寛(愛知県立大学)
  5. 「家族見守りを活かした予防認知症支援情報システムの提案と課題」
    永井 昌寛(愛知県立大学)、後藤 時政 (愛知工業大学)、横山 淳一 (名古屋工業大学)、藤原奈佳子(人間環境大学)
  6. 「中小企業におけるクラウドファンディングの活用」
    村橋 剛史(朝日大学)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります

会場アクセス方法:
地下鉄東山線「本山駅」で下車、徒歩 1分。
大学へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
http://www.ait.ac.jp/access/motoyama/
愛知工業大学本山キャンパス
〒464-0807 名古屋市千種区東山通1-38-1
TEL:052-789-1381

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


日本経営診断学会第61回中部部会研究発表会

概要
日時:平成30年7月28日(土)14時00分〜17時20分、会費3000円
会場:名古屋工業大学 2号館B棟611B(会議室)

テーマ及び発表者:

  1. 「在宅医療提供の有無による医師の特徴比較−医師の在宅医療参入に向けて−」
    佐野 恭佑 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  2. 「大学内での問題をモニタリング評価するIRシステムの設計」
    横山 信仁(名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  3. 「職域保健に関するデータの収集における課題」
    伊藤 彰悟 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  4. 「中小企業においてデータ活用が進行しない原因の特定―板金加工を行う中小企業A社を事例として―」
    西山 矩央 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  5. 「医師の意識調査から見る病院空間の実態と建築計画の課題」
    亀谷 佳保里 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  6. 「全国の地域職域保健連携推進事業の実態とその課題」
    横山 淳一 (名古屋工業大学)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります

会場アクセス方法:
中央本線 鶴舞駅、徒歩7分・地下鉄鶴舞線鶴舞駅、徒歩10分
名古屋工業大学へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
https://www.nitech.ac.jp/access/
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


第185回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
平成30年7月7日(土) 13時〜
2.場所:
大阪経済大学大隅キャンパス D館3階D-32
大阪市東淀川区大隅2-2-8 TEL06-6328-2431
・阪急京都線「上新庄」駅下車・東へ徒歩約15分
・地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」駅、徒歩約2分
・市バス「大阪経大前」「大経大正門」下車すぐ

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「日本の機械系中小企業における成長戦略」
研究報告者 岩崎 之勇(立命館大学大学院)
討論参加者 小林 正和(福山大学)
(2)
「中山間地域の農業経営における6次化事業のマーケティング診断
-広島県東広島市の米粉パン店舗を素材として-」
研究報告者 大室 健治(農研機構西日本農業研究センター)
討論参加者 松原 茂仁(関西国際大学)
(3)
「マネジメント・コントロールを考慮した業績評価と目標設定の考察」
研究報告者 椿本 晃久(近畿大学)
討論参加者 関野 賢 (近畿大学)
(4)
「眠れる資源としての企業内診断士」
研究報告者 遠原 智文(大阪経済大学)
前田 卓雄(中村学園大学)
討論参加者 太田 一樹(大阪経済大学)
(5)
「社会福祉法人のガバナンスの重要性 -コーポレートガバナンスコードからの一考察-」
研究報告者 吉田 初恵(関西福祉科学大学)
討論参加者 堀田 和宏(近畿大学)

★今後の部会予定:9/8(土)・12/15(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)於中村学園大学(福岡)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

第184回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
平成30年6月9日(土) 13時〜
2.場所:
関西福祉科学大学2号館(正門左手の校舎)
2階 D2-403教室
柏原市旭ケ丘3-11-1 TEL 072-978-0676
近鉄大阪線「河内国分」駅から南方向へ徒歩約15分
(改札を出て左の階段を降り、ロータリーの信号を渡り、「りそな銀行」角を右に曲り、自転車店を左に曲リ、水路沿いに歩く)

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「地域を考慮した環境リスクマネジメント〜JGSSにみるわが国住民のエコ意識および行動の累積データより〜」
研究報告者 大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)
討論参加者 淺津 光孝(淺津中小企業診断士・社労士事務所)
(2)
「フードフェスティバルにおける訪日外国人集客プロセスの研究〜事例:食博覧会・大阪アンケート調査〜」
研究報告者 山川 雅行(大阪観光大学)
討論参加者 鈴木 英之(合同会社ファイン・アナリシス)
(3)
「地域の実証的研究からする回帰的検証の枠組み」
研究報告者 長谷川 路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
討論参加者 小林 正和(福山大学)

★今後の部会予定:7/7(土)・9/8(土)・12/15(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)於中村学園大学(福岡)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

2018年第3回(第242回)JMDA関東部会

2018年第3回(第242回)JMDA関東部会を開催いたします。

日時:
2018年5月12日(土曜日)13:15-16:25(開場は13:00です)
場所:
明治大学駿河台キャンパスリバティータワー1086教室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分
<駅からのアクセス>
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
主催:
高千穂大学 担当:上原義子理事

13:15-14:00 「インターネット通販のラストマイル配送―文献研究から見た現状と課題―」
報告者:劉亜氷(明治大学)

14:00-14:45 「マーケティング戦略のための分業に関する予備的研究−様々な領域からみた分業について−」
報告者:上原義子(高千穂大学)

14:55-15:40 「組織横断活動による企業業績の向上」
報告者:山崎康夫(一般社団法人中部産業連盟)

15:40-16:25 「インターナル・マーケティングにおける組織市民行動の意義:銀行業の従業員を対象として」
報告者:高橋昭夫(明治大学)

*****************************
facebookページを開設いたしました→https://www.facebook.com/shindangakkai
日本経営診断学会のHPもご覧ください→http://www.shindangakkai.jp/
*****************************

第49回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日本経営診断学会北海道部会 会員各位

お世話になっております。
日頃より部会活動にご協力を賜りお礼申し上げます。

さて、下記のとおり研究会のお知らせをいたします。
多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。

日時:
平成30年6月29日(金)18:00〜19:45
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 中講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 今野喜文氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「中小印刷業における市場創造の事例研究〜CSV理論との関係を中心に〜」
報告者:福沢康弘氏(北海道情報大学)
18:55-19:45
講演(講演・質疑含め50分)
「地域の伝統を世界へ―月寒あんぱん5代目社長の挑戦」
本間幹英氏((株)ほんま 代表取締役)
20:00‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは6/22です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000円〜5000円を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

平成30年度日本経営診断学会中部部会研究発表会申込みのご案内

 新年度が始まりお忙しい日々をお過ごしのことと存じますが、今年度もよろしくお願いいたします。さて、日本経営診断学会中部部会を下記日程で開催いたします。つきましては、ご案内かたがたご研究の報告申し込みをお伺いいたします。

1.研究発表会開催日時・会場

  • 第61回
    :平成30年7月28日 (土) 午後1時〜5時
    会場
    :名古屋工業大学(名古屋市昭和区)
  • 第62回
    :平成30年8月18日(土)午後1時〜5時
    会場
    :愛知工業大学本山キャンパス(名古屋市千種区)
  • 第63回
    :平成30年9月 1日(土)午後1時〜5時
    会場
    :静岡市産学交流センター(静岡市)

2.発表申し込み方法

 発表希望の方は、5月9日(水)までにお申し込み下さい。次頁に報告申込書をご用意いたしましたが、全国大会用のフォーマットを用いられても結構です。但し、その際は上記3日程のご希望順位を明記してください。

(1)郵送の場合
:464-0044 名古屋市千種区自由が丘2-49-2
 愛知工業大学 経営学部
 吉成 亮 宛
(2)メールの場合
:yoshinari[at]aitech.ac.jp (事務局担当:吉成 亮 宛)([at]を@に変えて下さい)
(3)Faxの場合
:052-751-0600
 ※お電話でのお問い合わせは052-757-0810までお願いします

中部部会研究会 報告申込書


日本経営診断学会九州部会 会員各位

新年度に入りご多用の日々をお過ごしのこととお伺い申し上げます。

@今年の10月6日、7日に日本経営診断学会の第51回全国大会が中村学園大学で開催されます。
Aこの新年度の4月に九州に着任された会員がおられることも判明いたしました。
B 日本経営診断学会の全国大会の報告申込みの締切日は5月9日です。

つきましては、上記の@ABに鑑み、 2018年度第4回の九州部会を8月4日に開催いたします。

ご報告を希望される会員は6月15日の午後5時までに以下へご連絡をお願いいたします。

石内孔治
パソコンメール: ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)
携帯: 080 − 5206 − 4721

第4回九州部会の報告者が確定しだい、 場所を含め詳細は追ってご連絡をいたします。

九州部会長 石内孔治

2018年度第3回九州部会のご案内(通算第52回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

日本経営診断学会九州部会会員各位におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。2018年度第3回九州部会を以下の要領で開催します。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

1.開催日時 2018年7月14日(土)12:30より受付

2.会場等

久留米大学福岡サテライト(福岡市天神エルガーラ6階)

場所:
久留米大学福岡サテライト
〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目4番2号 6階601−2号

問合先 石内孔治 携帯:080−5206−4721  メール: ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始

第1報告(13時30分〜14時10分 報告30分前後、質問10分前後)
田坂正則氏 福岡大学(大学院生)
テーマ「合併による企業パフォーマンスの向上と合併税制の問題点」

第2報告(14時15分〜15時15分 報告45分前後、質問15分前後)

岸川公紀氏 中村学園大学
テーマ「「人工知能(AI)と診断士の役割に関する一考察〜コミュニケーション・アプローチにおける会計システムに
関わらしめて〜」

第3報告(15時20分〜16時20分 報告45分前後、質問15分前後)
水島多美也氏 中村学園大学
テーマ「スループット会計の経営診断への適用」

休憩16:20〜16:35

第4報告(16時35分〜17時45分 報告50分前後、質問20分前後)

研究者代表 片山富弘氏 中村学園大学
共同研究プロジェクトテーマ「買物弱者への取組支援の現状と対策〜九州の事例〜」
共同研究者:石内孔治(日本経済大学)、遠藤真紀(九州情報大学)、関谷 忠(大分よろず支援拠点CCO)、中川 隆(中村学園大学)、水島多美也(中村学園大学)

4.懇親会(18時 開始予定)
会費 3,000程度

2018年度第2回九州部会のご案内(通算第51回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

日本経営診断学会九州部会会員各位におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。2018年度第2回九州部会を以下の要領で開催します。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

1.開催日時 2018年5月19日(土)12:30より受付

2.会場等

中村学園大学
 〒814−0198 福岡市城南区別府5−7−1
 4号館・2階会議室
問合先 
 片山富弘先生 携帯:090−5836−8006   メール:katayama[at]nakamura-u.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)
 石内孔治    携帯:080−5206−4721   メール:ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始

第1報告(13時30分〜14時10分 報告30分前後、質問10分前後)
中川政司氏 広島経済大学大学院生
テーマ「5S活動は生産工程管理の要」

第2報告(14時15分〜15時15分 報告45分前後、質問15分前後)
中川 隆氏 中村学園大学
テーマ「肉用牛インテグレーションの今日的意義」

第3報告(15時20分〜16時20分 報告45分前後、質問15分前後)
西崎信男氏 九州産業大学
テーマ「[高齢化社会を迎えての日本のスポーツ用品産業の今後の方向性]

休憩(16時20分〜16時35分)

第4報告(16時35分〜17時45分 報告60分前後、質問10分前後)
大谷友男氏 九州経済調査協会
ゲストステーマ「2018年度九州経済白書について」

4.懇親会(18時 開始予定)
会費 3,000程度

第183回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)


1.日時:
平成30年3月17日(土) 13時30分〜
2.場所:
関西福祉科学大学2号館(正門左手の校舎)
4階403教室
柏原市旭ケ丘3-11-1 TEL 072-978-0676
近鉄大阪線「河内国分」駅から南方向へ徒歩約15分
(改札を出て左の階段を降り、ロータリーの信号を渡り、「りそな銀行」角を右に曲り、自転車店を左に曲リ、水路沿いに歩く)

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

 (1)
「多様性風土が離職意思に与える影響に関する研究 -組織コミットメントの媒介効果-」
研究報告者 堀田 彩 (広島大学大学院)
討論参加者 吉田 初恵(関西福祉科学大学)
 (2)
「ローカルベンチマークの中小企業融資への適用可能性について」
研究報告者 石川 清英(大阪信用金庫)
討論参加者 西村 隆治(株式会社クレオテック)
 (3)
「小売ミックス研究の新展開:小売戦略診断への適用に向けて」
研究報告者 大橋 正彦(大阪商業大学)
討論参加者 辻 一幸(公益財団法人京都産業21)
 (4)
「地域の比較検証のための準備的考察」(中間報告・アンケート含む)
研究報告者 稲福 善男(名古屋外国語大学)
長谷川 路子(筑紫女学園大学)

★今後の部会予定:7/7(土)・9/8(土)・12/15(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)於中村学園大学(福岡)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

2018年度第1回(第241回)JMDA関東部会

日時:
2018年3月3日(土曜日)13:15-16:00
場所:
淑徳大学東京キャンパス3号館 301教室
〒174-8631東京都板橋区前野町6-36-4 TEL 03(3966)7631
<徒歩> 東武東上線ときわ台駅より徒歩約12分
都営三田線志村三丁目駅より徒歩18分
<バス> 東武東上線ときわ台駅より国際興業バスで約7分
(ときわ台駅北口「赤羽駅西口行」→「前野小学校」下車)
JR赤羽駅より、国際興業バスで約18分
http://www.shukutoku.ac.jp/access/tokyo/
主催:
淑徳大学 担当:斉藤保昭理事

13:15-13:55「物流効率化事例(仮)」
報告者:清水真人(株式会社日通総合研究所)

14:00-14:55「販売におけるブランド認知の考察」
報告者:越川靖子(目白大学経営学部専任講師)

15:05-15:55「経営診断の回顧」
報告者:岡田匡令(淑徳大学名誉教授)

ご報告のご希望、部会運営のお問い合わせなどお気軽にご連絡ください。
日本経営診断学学会 関東部会 部会長 酒井理(法政大学)
関東部会事務局 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
法政大学キャリアデザイン学部 酒井研究室内

2018年度第2回・第3回九州部会

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

 九州部会会員各位におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、2018年度の第2回九州部会と第3回九州部会を下記の要領で開催します。会員各位の研究報告申し込みを心よりお待ちいたしております。
 なお、2018年度の全国大会は、中村学園大学(福岡市)において、 2018年10月5日理事会、6日研究報告、7日研究報告の日程で開催されます。
 この全国大会で研究報告をなさる九州部会の会員は、九州部会での先行報告が慣行となっておりますことを付言いたします。

2018年度第2回九州部会
@部会報告の申込締切日は2018年4月10日です。

A開催日時
2018年5月19日(土) 午後1時開始予定
B開催場所
中村学園大学
〒814−0198
福岡市城南区別府5−7−1
福岡市地下鉄七隈線 別府駅下車
電話:092−851-2531

2018年度第3回九州部会
@部会報告の申込締切日は2018年4月10日です。

A開催日時
2018年7月14日(土) 午後1時開始予定
B開催場所
久留米大学福岡サテライト
〒810−0001
福岡市中央区天神1−4−2 エルガーラオフィス6階
電話:092−737-3111

部会申込み並びに問い合わせなどは以下までお願いいたします。

Email: ishiuchik[at]yahoo.co.jp([at]を @ に変えて下さい)
石内孔治 携帯電話:080−5206−4721

以上

2018年度第1回九州部会のご案内(通算第50回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

日本経営診断学会九州部会会員各位におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。2018年度第1回九州部会を以下の要領で開催します。日本経営診断学会九州部会の第1回が1999(平成11)年に開催されて以来、今回でちょうど第50回の開催となります。第50回の節目の九州部会を以下の要領で開催いたします。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております

1.開催日時 2018年3月24日(土)12:30より受付

2.会 場
公益財団法人・大分県産業創造機構3F会議室

住所:
〒870−0037
大分市東春日町17−20 ソフトパークセンタービル
場所の詳細は大分県産業創造機構ホームページの左下の地図をご参照ください
問合先
関谷 忠(携帯)090−8765−3463 (メール)sekiyas[at]nm.beppu-u.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)
石内孔治(携帯)080−5206−4721 (メール) ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始(報告40分、質問20分)

第1報告(13時30分〜14時30分)
木村 弘(きむら ひろし)氏 広島修道大学
研究報告テーマ:ものづくり中小企業の経営比較

第2報告(14時35分〜15時35分)
片山 富弘(かたやま とみひろ)氏 中村学園大学
研究報告テーマ:マーケテイング4.0の考察と経営診断のかかわり

九州部会総会と休憩(15時35分〜15時55分)

第3報告(15時55分〜16時55分)
関谷 忠(せきや ただし)氏 別府大学
研究報告テーマ:訪日外国人の消費動向と別府観光のあり

4.懇親会(17時30分 開始予定)

会 場
「魚勝」大分市都町2-1-29 TEL 097-536-4232
会 費
10,000円
内 容
ふぐと関サバ(確保できる場合)の刺身、ふぐのから揚げ、雑炊など
※予約人数確認のため、懇親会出席希望者は「3月16日午後5時までに」石内までPCメールか携帯電話にご連絡をお願いいたします。
(注意)
①報告者は液晶プロジェクタの準備ができますので、パワポでの説明可能です。
②部会出席のみの方も事前に電話かメール等で連絡を頂けますと、報告者の資料印刷部数など準備面で助かります。

以上

第48回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時:
平成30年3月2日(金)18:00〜19:45
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 大講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 今野喜文氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「人間関係形成の方法論としての販売技術−身振りと動作の分析−」
報告者:金子正信氏(1級販売士)
18:55-19:45
発表(発表・質疑含め50分)
「女性目線で、下請的建設業者を、売上3.9倍にした尖り型マーケティング」
発表者:秋田舞美氏(中小企業診断士、千葉商科大学客員講師)
20:00‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは2/25です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4,000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2017年度第6回(第240回)JMDA関東部会

第240回部会を千葉商科大学にて開催いたします。

主催校:
千葉商科大学 担当:長谷川博理事
日時:
2018年1月27日(土曜日)
場所:
千葉商科大学
〒272-8512 千葉県市川市国府台(こうのだい)一丁目3番1号
■JR総武線 市川駅(東京駅から快速で約20分)下車 徒歩約20分
 バス利用の場合は、駅前京成バス1番のりばから松戸駅行または松戸営業所行に乗車約10分 和洋女子大前下車 徒歩3分
■京成線 国府台駅(京成上野駅から約30分)下車 徒歩約10分
■北総線 矢切駅(印西牧の原駅から約27分)下車 徒歩約20分
 バス利用の場合は、駅前京成バスのりばから市川駅行に乗車約10分 和洋女子大前下車 徒歩3分
■JR常磐線 松戸駅(柏駅から約15分)京成バス3番のりばから市川方面行に乗車約20分 和洋女子大前下車 徒歩3分
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html
時間:
13:30-16:25
場所:
1号館 1104教室

13:30-14:10 <第1報告>
テーマ:「成長ドライバ理論のフレームワークに基づく総合経営診断へのアプローチ」
発表者:東渕則之 氏(松山大学経営学部)

14:15-14:55 <第2報告>
テーマ:「企業のブランド・リスクマネジメントとSNS対策−ネガティブ情報の拡散とオンライン・レピュテーション・マネジメント(ORM)−」
発表者:仁平 京子 氏(千葉商科大学サービス創造学部)

15:00-15:40 <第3報告>
テーマ:「生産工場の効率性評価とリスクアセスメントについて〜経営診断技術発展のための参考情報〜」
発表者:武田 彰夫 氏(株式会社MIC武田技術士事務所)

15:45-16:25 <第4報告>
テーマ:「マーケティング・ミックスの経営診断的活用私案」
発表者:有馬 賢治 氏(立教大学 経営学部)

2018年度第1回九州部会

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会の2018年度の第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

なお、第51回の全国大会は2018年10月6日と7日に中村学園大学で開催されます。
この全国大会で研究報告をなさる会員は、九州部会での先行報告が慣行となっておりますことを付言します。

        記

2018年3月の九州部会(2018年度第1回)
@研究報告の申込締切日は2018年2月15日です。
A開催日時 2018年3月24日(土)午後1時半開始予定
B開催場所 大分市

なお、2018年度の全国大会が福岡市の中村学園大学で開催されますので、全国大会の準備の都合もあり、第2回九州部会は5月頃に中村学園大学で、第3回の九州部会は7月頃に 福岡市天神の久留米大学サテライトにて開催予定です。

問い合わせなどは以下までお願いいたします。

Email:ishiuchik[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えて下さい)

石内孔治 080−5206−4721(2017年12月15日配信)

Copyright© 2011 日本経営診断学会 All Rights Reserved.