お知らせ

会員各位へお知らせ

台風25号の接近に伴う第51回全国大会開催について(第2報)(10月5日9時発表)(18/10/05 掲載)

日本経営診断学会第51回全国大会は予定通り開催いたします。
台風の影響による強風などに注意され、身の安全を第一に考えて参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。 

台風25号の接近に伴う第51回全国大会開催について(10月3日14時発表)(18/10/03 掲載)

日本経営診断学会第51回全国大会は予定通り開催いたします。
ただし、台風の進路、天候の状況および交通機関の影響により、予定を変更する場合がありますので、5日(金)9時頃にあらためて本学会ホームページでお知らせいたします。

日本経営診断学会第51回大会(中村学園大学)開催のご案内(18/10/03 掲載)

第51回全国大会は、10月5日(金)〜7日(日)の日程で、中村学園大学にて開催されます。今回の統一テーマは、「経営診断の理論と実践の融合を考える」です。
多くの会員の皆さまのご参加をお待ちしております。

日本経営診断学会 第51回全国大会 実行委員会
  ・プログラム(全体)(PDF)
  ・プログラム(10月6日)(PDF)
  ・プログラム(10月7日)(PDF)

【経営関連学会協議会】公開シンポジウム(11月17日)開催のお知らせ(18/09/27 掲載)

経営関連学会協議会より公開シンポジウムの案内が届きましたので、お知らせいたします。

☆公開シンポジウム
『AI時代の価値共創と人財育成の展望』

【日時】
平成30年11月17日(土)13:50〜17:20
【会場】
専修大学 神田キャンパス 1号館101教室
千代田区神田神保町3-8(東京メトロ九段下駅、神保町駅下車 徒歩3分)

◆講演者・パネリスト:

 浦本直彦 氏
人工知能学会会長・(株)三菱ケミカルホールディングス
先端技術・事業開発室Chief Digital Technology、Scientist & Text Mining CoE
 脇谷 勉 氏
人工知能学会理事・(株)本田技術研究所 R&DセンターX 執行役員
 松尾 豊 氏
日本ディープラーニング協会理事長・東京大学大学院特任准教授)

◆討論者:

 戸谷圭子 氏
日本学術会議連携会員・明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 教授

ポスターはこちらです(添付のファイルをリンク付けしてください)

*終了後、ご来場の皆様の交流・懇親の場として懇親会を開催します。
 参加希望者は11月8日までに下記宛て、ご所属・連絡先を明記の上ご連絡願います。
 一般の方は懇親会参加費千円を受付で申し受けます。
 【申込先】 jfmra.event[at]gmail.com ([at]を @ に変えて下さい)

「日本経営診断学会論集16」が発刊されました。(18/09/21 掲載)

J-Stage 日本経営診断学会論集

希望者には,別途,有料にて「抜き刷り」および「学会論集(紙媒体)」の提供も行っておりますので,詳しくは,編集事務局(Tel : 03-5389-6492,E-mail:jmda-edit@bunken.co.jp)にお問い合わせください。

SIGプロジェクト発足の案内(18/07/30 掲載)

日本経営診断学会 学会員各位

日本経営診断学会では、学会員の研究活動、診断事業に資するために 部会の枠を超えて活動するSIG(Special Interesting Group)プロジェクトを実施いたします。 興味のあるテーマのもとに集まり議論をする自由な研究グループを構成いたします。

まずは2グループを立ち上げましたので、ご関心あれば研究代表にご連絡ください。
グループへの参加は自由です。
なお、新たな研究グループを立ち上げて会員に呼びかけたいなどのご希望があればお申し出ください。

研究グループ:観光診断研究グループ
研究代表:鈴木英之(合同会社ファイン・アナリシス)
所属部会:関西部会
連絡先:suzuki[at]finea.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

研究グループ:サービス化診断研究グループ
研究代表:酒井理(法政大学)
所属部会:関東部会
連絡先:sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

<お問い合わせ>
研究推進委員会委員長 酒井理(法政大学)
sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)


共同研究プロジェクトの募集のご案内(18/07/09 掲載)

JMDA研究推進委員会

 今年度の共同研究プロジェクトの募集を行います。共同研究プロジェクトをご計画されている会員の皆様、ふるってご応募ください。
なお、応募にあたりましては、下記の募集要件ならび応募方法をご確認の上、ご申請ください。よろしくお願いいたします。

共同研究プロジェクト申請書(Word)
共同研究プロジェクト継続申請書(Word)
共同研究プロジェクト報告延期申請書(Word)

1.募集要件について
  • ① 共同研究プロジェクトの構成員は個人会員であることが条件になっています。
  • ② 共同研究プロジェクトの助成対象期間は採択時点から1年間です。
  • ③ 1プロジェクト対して1年間で10万円を助成します。
  • ④ 1年間で終了しないプロジェクトは、継続してもう1年間を追加して認められます。ただし2年目の助成は減額5万円となります。
  • ⑤ 採択されたプロジェクトに関しては、次年度の全国大会での研究報告と論文集への寄稿の責務を負います。2年間の場合は、1年目は中間報告、2年目を最終報告とします。
2.応募方法について
  • ① 2018年9月30日17:00 を申請締め切りとします。
  • ② 学会HPより応募のための申請書をダウンロードして記入してください。
  • ③ 申請書をメールにて本部までご提出ください。
  • ④ 2018年10月初旬の研究推進委員会にて審査を行い、審査結果は速やかに申請者にお知らせいたします。同時に、学会HP上に掲載いたします。
3.応募先

日本経営診断学会本部事務局 honbu[at]shindangakkai.jp([at]を @ に変えて下さい)

問い合わせ先:日本経営診断学会研究推進委員会委員長
法政大学 酒井理
Email:sakai[at]hosei.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)  TEL:03(3264)6313


SIG(Special Interest Group)プロジェクトの発足について(18/07/02 掲載)

2018/07/01
日本経営診断学会研究推進委員会

2017年全国大会総会において承認されました標記プロジェクトにつきまして、募集を行います。研究グループの立ち上げをご希望される会員は、研究推進委員会までご連絡をいただきますようお願いいたします。
なお、研究グループの立ち上げに関しましては、随時可能ですので、特定の期限を設けておりません。有志メンバーで立ち上げられても結構ですし、学会ホームページで参加を呼びかけていただいても構いません。
当面は学会からの金銭的な支援は措置しておりませんのでご了承ください。部会横断的に活動していただくことを推奨いたしますが、部会活動の一つとして取り組んでいただいても結構です。その場合は、他の部会からの参加を妨げないようにお願いします。
SIGの研究グループを部会としてご支援いただければ、なおさらありがたく、できるだけ自由に活動していただければ幸いです。
皆様のお力で、学会における研究活動を活発にしていただくことを期待いたします。
よろしくお願いいたします。

<連絡先>
日本経営診断学会研究推進委員会
委員長 酒井 理 (法政大学)
e-mail: sakai[at]hosei.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)

日本経営診断学会第51回全国大会 統一論題 趣旨書
「経営診断の理論と実践の融合を考える」(17/02/19 掲載)

 日本経営診断学会は昨年50周年を迎えた。実に半世紀を経過した実績を有する学術団体であることに誇りを覚えます。今年は51年目で過去を振り返りつつ、新規にスタートする年に当たります。この半世紀の間に経営学の各分野の進歩とともに経営診断の進歩・進化が見られた。例えば、ドメイン(事業領域)に関する理論の進化は、その例であろう。その理論を用いて、研究者は実務に貢献してきており、一方で、実務家からは事業領域をどのように設定していくべきなのかの問題解決に直面してきている。この理論と実務の両側から経営診断の進歩があるものと考えられる。
 今回、全国大会の統一論題としては「経営診断の理論と実践の融合を考える」といたしました。本学会においては、経営診断の対象や技法が多岐にわたっていることから、山城章先生の「知識Knowledge」と「経験Experience」を踏まえた研鑽によって、「実践能力Ability」を開発していくKAEの考え方をもとに、経営診断に関する理論や知識とともに経営診断に関する実務的経験が経営診断の能力を向上させることと考えました。
 研究者には理論や知識をベースに経営を診断できる能力の向上や理論構築が期待され、また、中小企業診断士をはじめとするコンサルタントには実務的経験を理論化することで経営診断能力の向上が期待されていると考えます。そこで、「経営診断の理論と実践の融合を考える」を今回の統一論題とさせて頂きました。
 本学会では『日本経営診断学会叢書』として、全三巻の書籍を刊行しており、これらの書籍は、現在の本学会の英知の集積と言うことができます。そこで、この書籍で論じられた経営診断の理論的研究およびその実践の研究を基盤に、その成果を、次なる半世紀に向けて継承し、発展させていくスタート時期にあたります。今回の全国大会の統一論題も、このような意図を含め、設定されたものであります。

 そこで、今回の全国大会では、経営診断の理論と実践に関する以下の三つのサブテーマの下、過去の研究を振り返りながら、今後に向けての新たな展開を期待しています。
①経営診断対象の新分野
②経営診断の新技法
③経営診断の新たな理論
 三つのサブテーマは、それぞれが大きなテーマであり、多方面からのアプローチが可能であると思われますので、多くの先生方の精力的な報告を期待しています。

第51回全国大会実行委員会よりご挨拶

報告希望者募集について(PDF)

報告申込書(Word)
※報告申込み締切 2018年5月9日(水)


日本経営診断学会叢書出版のお知らせ(15/09/16 掲載)

日本経営診断学会の出版事業として理論、体系、歴史、制度、新しい視点に関して3冊の書籍として出版いたしました。

第1巻『経営診断の体系』
第1章 経営診断のフレームワーク
第2章 戦略診断
第3章 財務診断
第4章 人的資源管理診断
第5章 技術・生産診断
第6章 マーケティング診断
第7章 ロジスティクス診断
第8章 情報資源管理診断
第9章 経営診断技法

出版社(同友館)へのリンク
http://www.doyukan.co.jp/store/item_051470.html
第2巻 『経営診断の歴史と制度』
第1章 わが国経営診断研究の歴史的変遷
第2章 わが国の能率運動と経営診断
第3章 戦前・戦中の能率運動
第4章 世界における経営診断

出版社(同友館)へのリンク
http://www.doyukan.co.jp/store/item_051326.html
第3巻 『経営診断の新展開』
第1章 経営診断基礎理論の構築に向けて
第2章 持続可能性の経営診断
第3章 公的・非営利領域における経営診断
第4章 地域における経営診断
第5章 サービスの経営診断

出版社(同友館)へのリンク
http://www.doyukan.co.jp/store/item_051302.html
訂正表
執筆者のお名前と担当箇所について誤りがありました。
お詫びの上、訂正いたします。

訂正表(PDF)

各部会のお知らせ

2019年度第1回九州部会のご案内(通算第54回)

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会2019年度第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

九州部会長 片山富弘

2019年度第1回九州部会の開催について
@研究報告の申込締切日は2019年1月18日(金)です。
A開催日時 2019年2月23日(土)午後1時30分開始予定
B開催場所 別府大学(別府市)
C詳細については、後日、あらためてお知らせいたします。

なお、第2回九州部会は7月頃に中村学園大学で、第3回九州部会は8月頃に福岡市の久留米大学サテライトにて開催予定です。

研究報告申し込みや問い合わせなどは、以下までお願いいたします。

九州部会事務局 中川隆
Email:takashi[at]nakamura-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)
電話:092−851−6983(直通)(配信:2018年11月16日(金))

2019年度 第1回(第246回)日本経営診断学会関東部会

下記の要領で日本経営診断学会2019年度第1回(第246回)関東部会を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:
2019年12月1日(土曜日)14:00-17:30
場所:
大東文化大学板橋校舎3号館30111教室
〒175-8571 東京都板橋区高島平1−9−1

大東文化大学アクセスマップ

東武東上線
 ・東武練馬(大東文化大学前)駅北口下車
  無料スクールバスで約7分(スクールバス乗り場まで徒歩5分)
都営三田線
 ・西台(大東文化大学前)駅西口下車 徒歩9分
主催校:
大東文化大学
担当理事:
首藤禎史

報告テーマおよび報告者:

第1報告14:00-14:40
<テーマ> 「事例研究:消臭・芳香製品---革新的発展と事業の定義」
<報告者> 坪井 明彦 氏(高崎経済大学)

第2報告 14:50-15:30
<テーマ> 「現代アメリカ小売業の動向観察による小売ビジネスにおける現代的パラダイムシフトとその課題―経営診断への示唆―」
<報告者> 首藤 禎史 氏(大東文化大学)

第3報告15:40-16:20
<テーマ> 「事例研究:2 in 1PC ---ドミナントデザインと競争局面の転換」
<報告者> 二瓶 喜博 氏(亜細亜大学名誉教授)

第4報告 16:30-17:10
<テーマ>「データから学ぶ中小企業診断士の歩き方」
<報告者> 野口 正 氏(中小企業診断協会)

部会後は、懇親会を予定しています。
なお、本部会から関東部会の運営・お世話は、新しく本年度から本職を拝命いたしました大東文化大学経営学部の首藤禎史が担当させていただきます。どうそよろしくお願いいたします。

日本経営診断学会関東部会長
大東文化大学経営学部
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL:03-5399-7462(経営学部事務室)
 首藤 禎史


平成30年度 日本経営診断学会東北部会研究発表会

日時
2018年11月10日(土曜日)14:00〜16:50
場所
いわて県民情報交流センター(岩手県立大学アイーナキャンパス)7階 学習室1
協賛
一般社団法人岩手県中小企業診断士協会
開会の挨拶
14:00-14:05(宮 健 日本経営診断学会理事・東北部会長)

テーマ及び発表者

■基調講演 14:05-15:00
㈱情報システム研究所 社長  金澤 闊朗 様
テーマ:進化する『元気のでるシステム』

 (休憩 15:00-15:10)

■自由論題 15:10-16:30 (1,2.発表15分、質疑5分)(3.発表30分、質疑10分)

  1. 1.岩手県立大学  木村 将也
     テーマ:運転代行業務を対象とした配車計画システムの提案
  2. 2.岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科  中田 恵史
     テーマ:Wi-Fiプローブ要求を利用した行動分析システムの提案
  3. 3.青森中央学院大学 教授  井口 義久
     テーマ:見積財務諸表と目標利益率ROE*設定に関する一考察

講評 16:30-16:40
(岩手県立大学ソフトウェア情報学部 准教授  堀川 三好)
閉会の挨拶 16:40-16:50
(岩手県中小企業診断士協会・岩手県立大学 名誉教授  菅原 光政)

日本経営診断学会 北海道部会 企業見学会の開催について

日本経営診断学会 北海道部会 会員各位

お世話になっております。
日頃より部会活動に御協力を賜り、御礼申し上げます。

さて、下記のとおり、11月17日(土)に企業見学会を行います。
当日は定期総会及び報告会の次の日ですが、多くの会員の参加をお待ちしております。
参加希望の方は、11月10日(土)までに今野まで御連絡下さい(参加の場合のみ)。

なお、先方から予め質問内容を知らせてほしい旨の連絡をいただいております。
当日、質問がある方は、質問内容も明記してください。

------------------------------------------------------------------
(当日のテーマと予定)
狸小路商店街の今を知る:狸小路商店街の現状と課題

09:55 札幌狸小路商店街振興組合(場所は下記の注を参照)がある札専会館1Fに集合
10:00 札専会館6Fの組合事務所を訪問し,理事・会長 菊池 恒様に挨拶
10:15〜11:00 菊池会長に御同行いただき,商店街の見学
11:00〜(最大1H程度) 札幌狸小路商店街振興組合事務局にて質疑

注)
札幌狸小路商店街振興組合(札専会館6F)の場所は以下のとおり
札幌狸小路商店街振興組合:〒060-0062 札幌市中央区南2条西2丁目13番地
〈https://maps.google.com/?q=060-0062+%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5
%8C%BA%E5%8D%97%EF%BC%92%E6%9D%A1%E8%A5%BF%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%E
F%BC%93%E7%95%AA%E5%9C%B0&entry=gmail&source=g〉

-------------------------------------------------------------------

平成30年度日本経営診断学会 北海道部会 定期総会

日時:
平成30年11月16日(金)18:00〜18:30
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 小講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階

第51回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時:
平成30年11月16日(金)18:45〜19:30
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 小講義室
(札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階)
18:45-18:50
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長)
18:50-19:30
発表(発表30分、質疑10分)
「小規模店舗の新規出店マーケティングと実務」
報告者:小倉良一氏(合同会社 モグライト)
19:45‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは11/10です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2018年度 第6回(第245回)日本経営診断学会関東部会

第245回(2018年度第6回)日本経営診断学会関東部会 特別セッションを開催いたします。ご参加ください。

テーマ:
「活躍する中小企業診断士」
日時:
平成30年9月22日(土)13:00-17:40
場所:
法政大学市ヶ谷キャンパス
外濠校舎7階:S407教室
東京都千代田区富士見2-17-1
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

当企画は非会員にも公開しておりますので、無料で参加できます。
どなた様もご関心あればお気軽にご参加ください。

<開催趣旨>
中小企業診断士資格を取得してもプロコンとして独立開業して活動することが難しい現状において、中小企業診断士がいかに活躍できるのか、独立開業していくための要件は何かを考えます。

13:00
開会
13:05-13:55
鈴木宣二氏
中小企業診断士、社会保険労務士、技術士の複数資格ホルダー

<中小企業診断士資格のメリットと課題>
①ISO9001,ISO14001自己適合宣言の審査
②IT導入による生産性向上の支援
③静岡県よろず支援拠点での相談 など
14:00-14:50
藤井春雄氏
トヨタの手法を人事管理まで広げた診断業務が評価を得ている

<中小企業診断士の課題>
①専門領域拡大のための研究方法(東海経営支援センターでの7グループ研究会事例)
②強みの深化…トヨタ生産方式指導事例
③診断士としての人間力向上の重要性
14:55-15:45
平井彩子氏
(一社)中小企業診断協会会員
独立系ソフトウエア開発会社でプロジェクトマネージャ、中小企業向け経営改善をメインとするコンサルティング会社を経て、2012年平井彩子事務所を設立し、コンサルタントとして独立。
15:55-17:35
ディスカッション
コーディネーター 吉本準一理事(中小企業診断士)

プロコンとして活躍する中小企業診断士から、どのように独立して診断業務を軌道にのせたのかなど、それぞれの工夫や考え方のお話を受けて、当ディスカッションの中から日本経営診断学会として今後のあり方を考えます。具体的には、
①中小企業診断士の学会員に何を提供できるのか
②学会と実務をどのようにつなぐことができるのか
③理論と実践の双方にメリットを生み出すしくみをどのように構築するかについて議論をいたします。
17:35
閉会

<お問い合わせ先>
日本経営診断学会関東部会長 酒井 理(法政大学)
sakai[at]hosei.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)


2018年第5回(第244回)JMDA関東部会

2018年度 第5回(第244回)日本経営診断学会関東部会を下記の通り開催いたします。
お気軽にご参加ください。

日時:
2018年9月8日(土曜日)15:00-17:10
場所:
法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎7階:S407教室
東京都千代田区富士見2-17-1
総武線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
都営新宿線:市ヶ谷駅下車徒歩10分、都営大江戸線:飯田橋駅下車徒歩10分
東京メトロ有楽町線、南北線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
東京メトロ東西線:飯田橋駅徒歩10分
主催校:
法政大学 担当理事:酒井理(法政大学)

第1報告15:00-15:30
<テーマ> エンゲージメント・マーケティングにむけて ―エンゲージメント・イニシアチブのための示唆―
<報告者> 神田正樹(明治大学大学院)

第2報告15:40-16:10
<テーマ> バランスト・スコアカード(BSC)によるCSVの実践―ステークホルダー・アプローチの観点から―
<報告者> 中村雄貴(大東文化大学大学院)

第3報告16:20-17:10
<テーマ> 消費者情報の共有と倫理:倫理的な情報共有に向けた企業診断基準の探索的考察
<報告者> 福田康典(明治大学)


第186回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
平成30年9月8日(土) 13時〜17時
2.場所:
京都私学会館 204会議室
京都市下京区室町通高辻上ル山王町561
TEL 075-344-6201
阪急電鉄「烏丸」または地下鉄「四条」下車
26番出口から「室町通り」を南へ徒歩約15分

京都私学会館

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「仮想通貨ブロックチェーンにおける簿記会計学税務的考察」
研究報告者 木村 勝則(木村勝則税理士ITコーディネータ事務所)
討論参加者 大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)
(2)
「中山間地域の農業経営における6次化事業のマーケティング診断
-広島県東広島市の米粉パン店舗を素材として-」
研究報告者 大室 健治(農研機構西日本農業研究センター)
討論参加者 松原 茂仁(関西国際大学)
(3)
「フィデューシャリー・デューティと信頼される経営」
研究報告者 井上 善博(神戸学院大学)
討論参加者 大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)
(4)
「地方創生とまちづくり診断−地域経営からみた地方創生の序論的考察−」
研究報告者 濱田 恵三(流通科学大学)
討論参加者 鴻 雅行(オオトリ経営事務所)

★今後の部会予定:12/15(土)・’19年3/23(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)(於中村学園大学)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

第50回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時:
平成30年9月14日(金)18:00〜19:15
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 大講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 今野喜文)
18:05-18:35
発表(発表20分、質疑10分)
「外国人従業員の日本企業への定着率向上に向けてー在職中のフォローの在り方―」
報告者:于 宏宇・湯川恵子(神奈川大学大学院)
18:45-19:15
発表(発表20分、質疑10分)
「自由度の高い雇用条件を実現した電動移動車両による地域交通事業の運用可能性」
報告者:菅原啓太・須田孝徳・石川愛弓・大橋智志・長谷川聡・松尾優子(苫小牧工業高等専門学校)
19:30‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは9月7日です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000円〜5000円を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前々日までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2018年第4回(第243回)JMDA関東部会

2018年度第4回(第243回)JMDA関東部会を下記の日程で開催いたします!

日時:
2018年7月14日(土曜日)13:30-16:25
場所:
明治大学駿河台キャンパスリバティタワー:1086教室・1087教室(8階)
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1
周辺駅からのアクセス:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
キャンパス内の建物:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅下車徒歩約3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅下車徒歩約5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅下車徒歩約5分
主催校:
亜細亜大学 担当:平安山英成理事

プログラム
<第1会場> 1086教室 司会:仁平 京子(千葉商科大学)

第1報告13:30-14:10
テーマ:欧米・中国で研究がすすむ新しい持続可能性の指標−エメルギーの概要と経営診断への利用可能性−
報告者:武田 彰夫(株式会社MIC武田技術士事務所)

第2報告14:15-14:55
テーマ:ネガティブな顧客体験を顧客満足に変える−苦情行動のリカバリー・パラドックス−
報告者:仁平 京子(千葉商科大学)

第3報告15:00-15:40
テーマ:経営の実践力を育むアクティブ・ラーニング−サクセスプロジェクトにおける教育の成果と課題−
報告者:石見 泰介、原田 尚彦、内村 和満(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)

第4報告15:45-16:25
テーマ:中小企業診断士の独立に関する考察−2016年の統計を中心に−
報告者:川村 悟(関西外国語大学)

<第2会場> 1087教室 司会:平安山 英成(亜細亜大学)

第1報告13:30-14:10
テーマ:サービスの分類と資源統合
報告者:齋藤 典晃(前橋国際大学)

第2報告14:15-14:55
テーマ:マスメディア広告のアジェンダ設定機能とフレーミングに関する考察
報告者:平安山 英成(亜細亜大学)

第3報告15:00-15:40
テーマ:ヘルスケア・サービスの受益者と価値共創
報告者:金澤 敦史(愛知学院大学)

第4報告15:45-16:25
テーマ:同族企業は本当に優れているのか?
報告者:日沖 健(日沖コンサルティング事務所)


2018年度第4回九州部会のご案内(通算第53回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

2018年度第4回九州部会を以下の要領で開催します。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

1.開催日時 2018年8月4日(土)12:30より受付

2.会場等

 中村学園大学

  〒814−0198
福岡市城南区別府5−7−1
4号館・2階会議室

 問合先

  片山富弘先生
携帯:090−5836−8006  メール:katayama[at]nakamura-u.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)
  石内孔治
携帯:080−5206−4721  メール:ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始

 第1報告(13時30分〜14時30分 報告45分前後、質問15分前後)
村上真理氏 九州国際大学
テーマ「診断対象としての観光資源 〜馬場の一本桜の事例研究〜」

 第2報告(14時35分〜15時35分 報告45分前後、質問15分前後)

山本公平氏 広島経済大学
テーマ「ベトナムにおける日本語学校の類型化に関する一考察」

 休憩(15時35分〜15時50分)

 第3報告(15時50分〜16時50分 報告45分前後、質問15分前後)

石内孔治氏 日本経済大学
テーマ「経営診断の理論と実践の融合−資金性診断の理論と実践の融合を中心として−」

4.懇親会(18時 開始予定)
会費 3,000程度

以上
2018(平成30)年6月16日
九州部会長 石内孔治

日本経営診断学会第63回中部部会研究発表会

概要
日時:平成30年9月1日(金)14時00分〜17時20分、会費3000円
会場:静岡市産学交流センター6F(演習室4)

テーマ及び発表者:

  1. 「住宅開発・分譲を事業の柱とする中国不動産企業の収益性分析」
    魏 興福 (玉林師範学院)、田村 隆善 (愛知工業大学) 許進桀(玉林師範学院)
  2. 「ファミリービジネスのアイデンティティ」
    吉成 亮 (愛知工業大学)
  3. 「JIT視点による原子力発電の有効性に関する一考察」
    小島 貢利 (名古屋工業大学)、田村 隆善 (愛知工業大学)
  4. 「愛知県におけるジェンダー・ダイバーシティの課題(2)」
    加藤 里美 (愛知工業大学)、澤井 香奈 (愛知工業大学(院))、樋口貴子(株式会社キャリアデザイン)、伊藤 直美 (愛知工業大学キャリアセンター)
  5. 「日本の上場不動産企業の事業構造と収益性」
    田村 隆善 (愛知工業大学)、魏 興福 (愛知工業大学) 、小島 貢利 (名古屋工業大学)
  6. 「事業承継に係る課題と問題点について―経営者保証に関するガイドラインの適切な見直しの必要性を検証―」
    大石 育三 (静岡県中小企業診断士協会)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります

会場アクセス方法:
JR静岡駅から徒歩5分
施設へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
https://www.b-nest.jp/map.html
静岡市産学交流センター
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21ペガサート6階

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


日本経営診断学会第62回中部部会研究発表会

概要
日時:平成30年8月18日(土)14時00分〜17時20分、会費3000円
会場:愛知工業大学(本山キャンパス 多目的室A,B(2F))

テーマ及び発表者:

  1. 「トヨタにおける「システム」と「仕組み」の関係性に関する研究(仮題)」
    韓 三澤 (KR2 経営研究所)
  2. 「広島圏域自動車産業における産学官連携モデル―多層構造による中小企業支援―」
    羽田 裕 (愛知工業大学)
  3. 「成熟社会における新製品開発に関する一考察―名古屋圏の車いす産業を事例として―」
    宇佐見 信一(名古屋市立大学・中小企業診断士)
  4. 「開放型特許活用診断システムにおける診断パラメータの開発」
    後藤 時政 (愛知工業大学)、羽田 裕 (愛知工業大学)、永井 昌寛(愛知県立大学)
  5. 「家族見守りを活かした予防認知症支援情報システムの提案と課題」
    永井 昌寛(愛知県立大学)、後藤 時政 (愛知工業大学)、横山 淳一 (名古屋工業大学)、藤原奈佳子(人間環境大学)
  6. 「中小企業におけるクラウドファンディングの活用」
    村橋 剛史(朝日大学)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります

会場アクセス方法:
地下鉄東山線「本山駅」で下車、徒歩 1分。
大学へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
http://www.ait.ac.jp/access/motoyama/
愛知工業大学本山キャンパス
〒464-0807 名古屋市千種区東山通1-38-1
TEL:052-789-1381

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


日本経営診断学会第61回中部部会研究発表会

概要
日時:平成30年7月28日(土)14時00分〜17時20分、会費3000円
会場:名古屋工業大学 2号館B棟611B(会議室)

テーマ及び発表者:

  1. 「在宅医療提供の有無による医師の特徴比較−医師の在宅医療参入に向けて−」
    佐野 恭佑 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  2. 「大学内での問題をモニタリング評価するIRシステムの設計」
    横山 信仁(名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  3. 「職域保健に関するデータの収集における課題」
    伊藤 彰悟 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  4. 「中小企業においてデータ活用が進行しない原因の特定―板金加工を行う中小企業A社を事例として―」
    西山 矩央 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  5. 「医師の意識調査から見る病院空間の実態と建築計画の課題」
    亀谷 佳保里 (名古屋工業大学大学(院))、横山 淳一 (名古屋工業大学)
  6. 「全国の地域職域保健連携推進事業の実態とその課題」
    横山 淳一 (名古屋工業大学)

備考:部会終了後、懇親会開催(懇親会に参加される方は1週間前までyoshinari[at]aitech.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)までご連絡ください)。

発表方法:
当日は、パソコン・プロジェクターを用意いたしますので、必要に応じてUSBメモリー等をご準備下さい。配布資料をご準備される場合は20部程をご用意下さい。

発表時間は、報告20分・質疑応答10分の合計30分とします。尚、当日の発表の順番は発表者の都合等で変更することがあります

会場アクセス方法:
中央本線 鶴舞駅、徒歩7分・地下鉄鶴舞線鶴舞駅、徒歩10分
名古屋工業大学へのアクセス方法等につきましては、下記URLをご参照ください。
https://www.nitech.ac.jp/access/
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町

日本経営診断学会中部部会部会長 近藤 高司
日本経営診断学会中部部会事務局 吉成 亮


第185回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
平成30年7月7日(土) 13時〜
2.場所:
大阪経済大学大隅キャンパス D館3階D-32
大阪市東淀川区大隅2-2-8 TEL06-6328-2431
・阪急京都線「上新庄」駅下車・東へ徒歩約15分
・地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」駅、徒歩約2分
・市バス「大阪経大前」「大経大正門」下車すぐ

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「日本の機械系中小企業における成長戦略」
研究報告者 岩崎 之勇(立命館大学大学院)
討論参加者 小林 正和(福山大学)
(2)
「中山間地域の農業経営における6次化事業のマーケティング診断
-広島県東広島市の米粉パン店舗を素材として-」
研究報告者 大室 健治(農研機構西日本農業研究センター)
討論参加者 松原 茂仁(関西国際大学)
(3)
「マネジメント・コントロールを考慮した業績評価と目標設定の考察」
研究報告者 椿本 晃久(近畿大学)
討論参加者 関野 賢 (近畿大学)
(4)
「眠れる資源としての企業内診断士」
研究報告者 遠原 智文(大阪経済大学)
前田 卓雄(中村学園大学)
討論参加者 太田 一樹(大阪経済大学)
(5)
「社会福祉法人のガバナンスの重要性 -コーポレートガバナンスコードからの一考察-」
研究報告者 吉田 初恵(関西福祉科学大学)
討論参加者 堀田 和宏(近畿大学)

★今後の部会予定:9/8(土)・12/15(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)於中村学園大学(福岡)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

第184回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)

1.日時:
平成30年6月9日(土) 13時〜
2.場所:
関西福祉科学大学2号館(正門左手の校舎)
2階 D2-403教室
柏原市旭ケ丘3-11-1 TEL 072-978-0676
近鉄大阪線「河内国分」駅から南方向へ徒歩約15分
(改札を出て左の階段を降り、ロータリーの信号を渡り、「りそな銀行」角を右に曲り、自転車店を左に曲リ、水路沿いに歩く)

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

(1)
「地域を考慮した環境リスクマネジメント〜JGSSにみるわが国住民のエコ意識および行動の累積データより〜」
研究報告者 大橋 正彦(エコ・マーケティング戦略研究所)
討論参加者 淺津 光孝(淺津中小企業診断士・社労士事務所)
(2)
「フードフェスティバルにおける訪日外国人集客プロセスの研究〜事例:食博覧会・大阪アンケート調査〜」
研究報告者 山川 雅行(大阪観光大学)
討論参加者 鈴木 英之(合同会社ファイン・アナリシス)
(3)
「地域の実証的研究からする回帰的検証の枠組み」
研究報告者 長谷川 路子(追手門学院大学)
稲福 善男(名古屋外国語大学)
討論参加者 小林 正和(福山大学)

★今後の部会予定:7/7(土)・9/8(土)・12/15(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)於中村学園大学(福岡)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

2018年第3回(第242回)JMDA関東部会

2018年第3回(第242回)JMDA関東部会を開催いたします。

日時:
2018年5月12日(土曜日)13:15-16:25(開場は13:00です)
場所:
明治大学駿河台キャンパスリバティータワー1086教室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分
<駅からのアクセス>
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
主催:
高千穂大学 担当:上原義子理事

13:15-14:00 「インターネット通販のラストマイル配送―文献研究から見た現状と課題―」
報告者:劉亜氷(明治大学)

14:00-14:45 「マーケティング戦略のための分業に関する予備的研究−様々な領域からみた分業について−」
報告者:上原義子(高千穂大学)

14:55-15:40 「組織横断活動による企業業績の向上」
報告者:山崎康夫(一般社団法人中部産業連盟)

15:40-16:25 「インターナル・マーケティングにおける組織市民行動の意義:銀行業の従業員を対象として」
報告者:高橋昭夫(明治大学)

*****************************
facebookページを開設いたしました→https://www.facebook.com/shindangakkai
日本経営診断学会のHPもご覧ください→http://www.shindangakkai.jp/
*****************************

第49回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日本経営診断学会北海道部会 会員各位

お世話になっております。
日頃より部会活動にご協力を賜りお礼申し上げます。

さて、下記のとおり研究会のお知らせをいたします。
多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。

日時:
平成30年6月29日(金)18:00〜19:45
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 中講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 今野喜文氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「中小印刷業における市場創造の事例研究〜CSV理論との関係を中心に〜」
報告者:福沢康弘氏(北海道情報大学)
18:55-19:45
講演(講演・質疑含め50分)
「地域の伝統を世界へ―月寒あんぱん5代目社長の挑戦」
本間幹英氏((株)ほんま 代表取締役)
20:00‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは6/22です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4000円〜5000円を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

平成30年度日本経営診断学会中部部会研究発表会申込みのご案内

 新年度が始まりお忙しい日々をお過ごしのことと存じますが、今年度もよろしくお願いいたします。さて、日本経営診断学会中部部会を下記日程で開催いたします。つきましては、ご案内かたがたご研究の報告申し込みをお伺いいたします。

1.研究発表会開催日時・会場

  • 第61回
    :平成30年7月28日 (土) 午後1時〜5時
    会場
    :名古屋工業大学(名古屋市昭和区)
  • 第62回
    :平成30年8月18日(土)午後1時〜5時
    会場
    :愛知工業大学本山キャンパス(名古屋市千種区)
  • 第63回
    :平成30年9月 1日(土)午後1時〜5時
    会場
    :静岡市産学交流センター(静岡市)

2.発表申し込み方法

 発表希望の方は、5月9日(水)までにお申し込み下さい。次頁に報告申込書をご用意いたしましたが、全国大会用のフォーマットを用いられても結構です。但し、その際は上記3日程のご希望順位を明記してください。

(1)郵送の場合
:464-0044 名古屋市千種区自由が丘2-49-2
 愛知工業大学 経営学部
 吉成 亮 宛
(2)メールの場合
:yoshinari[at]aitech.ac.jp (事務局担当:吉成 亮 宛)([at]を@に変えて下さい)
(3)Faxの場合
:052-751-0600
 ※お電話でのお問い合わせは052-757-0810までお願いします

中部部会研究会 報告申込書


日本経営診断学会九州部会 会員各位

新年度に入りご多用の日々をお過ごしのこととお伺い申し上げます。

@今年の10月6日、7日に日本経営診断学会の第51回全国大会が中村学園大学で開催されます。
Aこの新年度の4月に九州に着任された会員がおられることも判明いたしました。
B 日本経営診断学会の全国大会の報告申込みの締切日は5月9日です。

つきましては、上記の@ABに鑑み、 2018年度第4回の九州部会を8月4日に開催いたします。

ご報告を希望される会員は6月15日の午後5時までに以下へご連絡をお願いいたします。

石内孔治
パソコンメール: ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)
携帯: 080 − 5206 − 4721

第4回九州部会の報告者が確定しだい、 場所を含め詳細は追ってご連絡をいたします。

九州部会長 石内孔治

2018年度第3回九州部会のご案内(通算第52回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

日本経営診断学会九州部会会員各位におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。2018年度第3回九州部会を以下の要領で開催します。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

1.開催日時 2018年7月14日(土)12:30より受付

2.会場等

久留米大学福岡サテライト(福岡市天神エルガーラ6階)

場所:
久留米大学福岡サテライト
〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目4番2号 6階601−2号

問合先 石内孔治 携帯:080−5206−4721  メール: ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始

第1報告(13時30分〜14時10分 報告30分前後、質問10分前後)
田坂正則氏 福岡大学(大学院生)
テーマ「合併による企業パフォーマンスの向上と合併税制の問題点」

第2報告(14時15分〜15時15分 報告45分前後、質問15分前後)

岸川公紀氏 中村学園大学
テーマ「「人工知能(AI)と診断士の役割に関する一考察〜コミュニケーション・アプローチにおける会計システムに
関わらしめて〜」

第3報告(15時20分〜16時20分 報告45分前後、質問15分前後)
水島多美也氏 中村学園大学
テーマ「スループット会計の経営診断への適用」

休憩16:20〜16:35

第4報告(16時35分〜17時45分 報告50分前後、質問20分前後)

研究者代表 片山富弘氏 中村学園大学
共同研究プロジェクトテーマ「買物弱者への取組支援の現状と対策〜九州の事例〜」
共同研究者:石内孔治(日本経済大学)、遠藤真紀(九州情報大学)、関谷 忠(大分よろず支援拠点CCO)、中川 隆(中村学園大学)、水島多美也(中村学園大学)

4.懇親会(18時 開始予定)
会費 3,000程度

2018年度第2回九州部会のご案内(通算第51回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

日本経営診断学会九州部会会員各位におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。2018年度第2回九州部会を以下の要領で開催します。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております。

1.開催日時 2018年5月19日(土)12:30より受付

2.会場等

中村学園大学
 〒814−0198 福岡市城南区別府5−7−1
 4号館・2階会議室
問合先 
 片山富弘先生 携帯:090−5836−8006   メール:katayama[at]nakamura-u.ac.jp ([at]を @ に変えて下さい)
 石内孔治    携帯:080−5206−4721   メール:ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始

第1報告(13時30分〜14時10分 報告30分前後、質問10分前後)
中川政司氏 広島経済大学大学院生
テーマ「5S活動は生産工程管理の要」

第2報告(14時15分〜15時15分 報告45分前後、質問15分前後)
中川 隆氏 中村学園大学
テーマ「肉用牛インテグレーションの今日的意義」

第3報告(15時20分〜16時20分 報告45分前後、質問15分前後)
西崎信男氏 九州産業大学
テーマ「[高齢化社会を迎えての日本のスポーツ用品産業の今後の方向性]

休憩(16時20分〜16時35分)

第4報告(16時35分〜17時45分 報告60分前後、質問10分前後)
大谷友男氏 九州経済調査協会
ゲストステーマ「2018年度九州経済白書について」

4.懇親会(18時 開始予定)
会費 3,000程度

第183回 経営診断学会 関西部会 (ご案内)


1.日時:
平成30年3月17日(土) 13時30分〜
2.場所:
関西福祉科学大学2号館(正門左手の校舎)
4階403教室
柏原市旭ケ丘3-11-1 TEL 072-978-0676
近鉄大阪線「河内国分」駅から南方向へ徒歩約15分
(改札を出て左の階段を降り、ロータリーの信号を渡り、「りそな銀行」角を右に曲り、自転車店を左に曲リ、水路沿いに歩く)

3.研究報告の論題・報告者および討論参加者

 (1)
「多様性風土が離職意思に与える影響に関する研究 -組織コミットメントの媒介効果-」
研究報告者 堀田 彩 (広島大学大学院)
討論参加者 吉田 初恵(関西福祉科学大学)
 (2)
「ローカルベンチマークの中小企業融資への適用可能性について」
研究報告者 石川 清英(大阪信用金庫)
討論参加者 西村 隆治(株式会社クレオテック)
 (3)
「小売ミックス研究の新展開:小売戦略診断への適用に向けて」
研究報告者 大橋 正彦(大阪商業大学)
討論参加者 辻 一幸(公益財団法人京都産業21)
 (4)
「地域の比較検証のための準備的考察」(中間報告・アンケート含む)
研究報告者 稲福 善男(名古屋外国語大学)
長谷川 路子(筑紫女学園大学)

★今後の部会予定:7/7(土)・9/8(土)・12/15(土)
★本年の大会:10/6(土)〜7(日)於中村学園大学(福岡)

日本経営診断学会 関西部会事務局
Eメール:kansai@shindangakkai.jp

2018年度第1回(第241回)JMDA関東部会

日時:
2018年3月3日(土曜日)13:15-16:00
場所:
淑徳大学東京キャンパス3号館 301教室
〒174-8631東京都板橋区前野町6-36-4 TEL 03(3966)7631
<徒歩> 東武東上線ときわ台駅より徒歩約12分
都営三田線志村三丁目駅より徒歩18分
<バス> 東武東上線ときわ台駅より国際興業バスで約7分
(ときわ台駅北口「赤羽駅西口行」→「前野小学校」下車)
JR赤羽駅より、国際興業バスで約18分
http://www.shukutoku.ac.jp/access/tokyo/
主催:
淑徳大学 担当:斉藤保昭理事

13:15-13:55「物流効率化事例(仮)」
報告者:清水真人(株式会社日通総合研究所)

14:00-14:55「販売におけるブランド認知の考察」
報告者:越川靖子(目白大学経営学部専任講師)

15:05-15:55「経営診断の回顧」
報告者:岡田匡令(淑徳大学名誉教授)

ご報告のご希望、部会運営のお問い合わせなどお気軽にご連絡ください。
日本経営診断学学会 関東部会 部会長 酒井理(法政大学)
関東部会事務局 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
法政大学キャリアデザイン学部 酒井研究室内

2018年度第2回・第3回九州部会

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

 九州部会会員各位におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、2018年度の第2回九州部会と第3回九州部会を下記の要領で開催します。会員各位の研究報告申し込みを心よりお待ちいたしております。
 なお、2018年度の全国大会は、中村学園大学(福岡市)において、 2018年10月5日理事会、6日研究報告、7日研究報告の日程で開催されます。
 この全国大会で研究報告をなさる九州部会の会員は、九州部会での先行報告が慣行となっておりますことを付言いたします。

2018年度第2回九州部会
@部会報告の申込締切日は2018年4月10日です。

A開催日時
2018年5月19日(土) 午後1時開始予定
B開催場所
中村学園大学
〒814−0198
福岡市城南区別府5−7−1
福岡市地下鉄七隈線 別府駅下車
電話:092−851-2531

2018年度第3回九州部会
@部会報告の申込締切日は2018年4月10日です。

A開催日時
2018年7月14日(土) 午後1時開始予定
B開催場所
久留米大学福岡サテライト
〒810−0001
福岡市中央区天神1−4−2 エルガーラオフィス6階
電話:092−737-3111

部会申込み並びに問い合わせなどは以下までお願いいたします。

Email: ishiuchik[at]yahoo.co.jp([at]を @ に変えて下さい)
石内孔治 携帯電話:080−5206−4721

以上

2018年度第1回九州部会のご案内(通算第50回)
― 日本経営診断学会理念「経営診断における理論と実践の融合」―

日本経営診断学会九州部会会員各位におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。2018年度第1回九州部会を以下の要領で開催します。日本経営診断学会九州部会の第1回が1999(平成11)年に開催されて以来、今回でちょうど第50回の開催となります。第50回の節目の九州部会を以下の要領で開催いたします。会員各位のご出席を心よりお待ちいたしております

1.開催日時 2018年3月24日(土)12:30より受付

2.会 場
公益財団法人・大分県産業創造機構3F会議室

住所:
〒870−0037
大分市東春日町17−20 ソフトパークセンタービル
場所の詳細は大分県産業創造機構ホームページの左下の地図をご参照ください
問合先
関谷 忠(携帯)090−8765−3463 (メール)sekiyas[at]nm.beppu-u.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)
石内孔治(携帯)080−5206−4721 (メール) ishiuchik[at]yahoo.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)

3.報  告 13時30分開始(報告40分、質問20分)

第1報告(13時30分〜14時30分)
木村 弘(きむら ひろし)氏 広島修道大学
研究報告テーマ:ものづくり中小企業の経営比較

第2報告(14時35分〜15時35分)
片山 富弘(かたやま とみひろ)氏 中村学園大学
研究報告テーマ:マーケテイング4.0の考察と経営診断のかかわり

九州部会総会と休憩(15時35分〜15時55分)

第3報告(15時55分〜16時55分)
関谷 忠(せきや ただし)氏 別府大学
研究報告テーマ:訪日外国人の消費動向と別府観光のあり

4.懇親会(17時30分 開始予定)

会 場
「魚勝」大分市都町2-1-29 TEL 097-536-4232
会 費
10,000円
内 容
ふぐと関サバ(確保できる場合)の刺身、ふぐのから揚げ、雑炊など
※予約人数確認のため、懇親会出席希望者は「3月16日午後5時までに」石内までPCメールか携帯電話にご連絡をお願いいたします。
(注意)
①報告者は液晶プロジェクタの準備ができますので、パワポでの説明可能です。
②部会出席のみの方も事前に電話かメール等で連絡を頂けますと、報告者の資料印刷部数など準備面で助かります。

以上

第48回日本経営診断学会北海道部会研究発表会

日時:
平成30年3月2日(金)18:00〜19:45
場所:
小樽商科大学札幌サテライト 大講義室
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
18:00-18:05
開会挨拶(日本経営診断学会 北海道部会長 今野喜文氏)
18:05-18:50
発表(発表30分、質疑15分)
「人間関係形成の方法論としての販売技術−身振りと動作の分析−」
報告者:金子正信氏(1級販売士)
18:55-19:45
発表(発表・質疑含め50分)
「女性目線で、下請的建設業者を、売上3.9倍にした尖り型マーケティング」
発表者:秋田舞美氏(中小企業診断士、千葉商科大学客員講師)
20:00‐
懇親会

出欠に関しては以下により、メールにてご返信ください。

送信先: 今野喜文(konno[at]hgu.jp)([at]を@に変えて下さい)
(〆きりは2/25です。出欠の御連絡に対する返信は致しませんので予め御了承ください。)

ご氏名:
【研究会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)
【懇親会】 出席 ・ 欠席 (どちらかを消して返信ください)

なお、懇親会は4,000円程度を予定しております。
懇親会を急きょ欠席される場合は、前日の正午までにご一報ください。
予約している都合上、欠席される場合は必ずご一報ください。

2017年度第6回(第240回)JMDA関東部会

第240回部会を千葉商科大学にて開催いたします。

主催校:
千葉商科大学 担当:長谷川博理事
日時:
2018年1月27日(土曜日)
場所:
千葉商科大学
〒272-8512 千葉県市川市国府台(こうのだい)一丁目3番1号
■JR総武線 市川駅(東京駅から快速で約20分)下車 徒歩約20分
 バス利用の場合は、駅前京成バス1番のりばから松戸駅行または松戸営業所行に乗車約10分 和洋女子大前下車 徒歩3分
■京成線 国府台駅(京成上野駅から約30分)下車 徒歩約10分
■北総線 矢切駅(印西牧の原駅から約27分)下車 徒歩約20分
 バス利用の場合は、駅前京成バスのりばから市川駅行に乗車約10分 和洋女子大前下車 徒歩3分
■JR常磐線 松戸駅(柏駅から約15分)京成バス3番のりばから市川方面行に乗車約20分 和洋女子大前下車 徒歩3分
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html
時間:
13:30-16:25
場所:
1号館 1104教室

13:30-14:10 <第1報告>
テーマ:「成長ドライバ理論のフレームワークに基づく総合経営診断へのアプローチ」
発表者:東渕則之 氏(松山大学経営学部)

14:15-14:55 <第2報告>
テーマ:「企業のブランド・リスクマネジメントとSNS対策−ネガティブ情報の拡散とオンライン・レピュテーション・マネジメント(ORM)−」
発表者:仁平 京子 氏(千葉商科大学サービス創造学部)

15:00-15:40 <第3報告>
テーマ:「生産工場の効率性評価とリスクアセスメントについて〜経営診断技術発展のための参考情報〜」
発表者:武田 彰夫 氏(株式会社MIC武田技術士事務所)

15:45-16:25 <第4報告>
テーマ:「マーケティング・ミックスの経営診断的活用私案」
発表者:有馬 賢治 氏(立教大学 経営学部)

2018年度第1回九州部会

日本経営診断学会 九州部会 会員各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本経営診断学会の2018年度の第1回九州部会を下記の要領で開催します。
会員各位より研究報告の申し込みをお待ちしております。

なお、第51回の全国大会は2018年10月6日と7日に中村学園大学で開催されます。
この全国大会で研究報告をなさる会員は、九州部会での先行報告が慣行となっておりますことを付言します。

        記

2018年3月の九州部会(2018年度第1回)
@研究報告の申込締切日は2018年2月15日です。
A開催日時 2018年3月24日(土)午後1時半開始予定
B開催場所 大分市

なお、2018年度の全国大会が福岡市の中村学園大学で開催されますので、全国大会の準備の都合もあり、第2回九州部会は5月頃に中村学園大学で、第3回の九州部会は7月頃に 福岡市天神の久留米大学サテライトにて開催予定です。

問い合わせなどは以下までお願いいたします。

Email:ishiuchik[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えて下さい)

石内孔治 080−5206−4721(2017年12月15日配信)

Copyright© 2011 日本経営診断学会 All Rights Reserved.